人気ブログランキング |
上手に笑う
e0137995_228286.jpg

「上手に笑うⅡ」 S100号 油彩画(2006年)
# by hiroafukasawa | 2008-03-18 22:10 | 作品 | Comments(0)
今日も筋肉痛
 日曜日のテニスが、まだ足にきている。肩も少し痛い。なぜか、左手も筋肉痛。ひどくなまっていたということだ。
# by hiroafukasawa | 2008-03-18 10:25 | 雑記帳 | Comments(0)
シーズン・イン
 昨日の日曜日、4カ月ぶりにテニスを再開した。久しぶりだったので、かなりゆる〜い感じでやったけど、さすがに今日は体が痛い。しかも、大量に花粉を吸い込んだため、眼がかゆい、鼻水出る。朝から薬を飲んでおります。
# by hiroafukasawa | 2008-03-17 11:15 | 雑記帳 | Comments(0)
フエンス
e0137995_17345956.jpg

# by hiroafukasawa | 2008-03-15 17:34 | 雑記帳 | Comments(0)
古紙配合率 2
 製紙業界の古紙配合率の偽装が問題になったが、業界の偉い人が記者会見した中で、古紙を使うことがかえって環境に負荷をかけているという、若干開き直りともとれるコメントをしていたようだ。でも、この話はまんざらウソではないようだ。
 業界では、古紙を使うより環境にやさしく、コストも安くなる方法を模索しているようで、注目されているのは「FSC森林認証」。植林も含め、森林が持続できるよう管理しながら木材を使っていくやり方だそうだ。片っ端からハゲ山にしていくのではなく、大きな木だけ選んで伐採していくのだろうか。森林管理協議会というのがあって、厳しく管理するのだそうだ。で、適合商品には「FSC」のロゴがつく。印刷業界では、このFSCの紙が、古紙配合紙に取って代わる日も近いという。
 マイ箸でも話題にしたが、こういった活動(経済活動)が持続できるように、消費者は商品を選んでいかなければいけない。グラフィック・デザイナーとしても、その辺の知識を持って紙を選ばなければいけないだろう。

 だけど、FSCの紙が一般的になったら、われわれが今一生懸命やっている古紙の分別と回収はどういう意味を持つんだろう・・・?
# by hiroafukasawa | 2008-03-14 19:24 | デザイン | Comments(0)
コンタクトレンズ無料交換
 去年のことだが、私が使っているコンタクトレンズの会社から「商品交換のご案内」とかいう通知が届いた。レンズの成分のうち、表示しているだけの量が入っていない成分があったので無料で新品と交換するというのだ。当時、「このレンズもそろそろ寿命かな、でもレンズ高いからなぁ」と買い換えに二の足を踏んでいた私にとっては、渡りに船。さっそく購入した眼鏡店へ。
 手続きをして、「交換用のレンズのために視力検査をしますか」と勧められた。検査料もメーカーの負担だという。けれど私は、古いレンズの度がピッタリだったのと、めんどくさいのも手伝って「今のと同じ度でいいです」と検査を断った。
 新しいレンズは、新製品でそれまで私が使っていたのよりグレードが高いという。ところが、装着すると度が合わない。遠くがぼやけるのだ。一旦帰りかけたが、外に出る階段でUターン。お店の担当者を捕まえて、「度が合わないですけど」と訴えた。
 調べてもらうと、確かに度は同じだという。「視力検査をお願いします」といわれたので、眼鏡店に併設されている眼科医院へ。お医者さんは「眼自体に異常はありません」という。こんなところで病気が見つかったら、こっちもショックだ。視力が落ちたのか、新しいレンズが不良品なのか。視力検査を担当してくれた若い技師さんは、「レンズは、眼に馴染むまでちゃんとした視力が出ないことがある」みたいなこと言いつつ、検査を繰り返した。結局、レンズが正しくて私の目が悪くなっていた。じゃ、なんで同じ度の古いレンズではよく見えていたんだ。私が納得のいかない顔をしていたからか、若い技師さんはぼそぼそと語り始めた。「コンタクトレンズは、形が平たくなると度が強くなる」「レンズも古くなると若干、平たくなることがある」。つまり、私の目が悪くなるのと、レンズが変形するのがちょうど釣り合って、うまい具合に矯正され続けてきたということらしい。最後に彼が言うには「リコールの対象となった成分というのは、形状をキープするための成分なんです」。
 なるほど、それで納得。
 ということは、視力が落ちて買い換えなければならないユーザーがいても、レンズの成分が足りなかったおかげで買い換えなくてすんでしまう、本来見込まれる売り上げが減ってしまう。それで交換に踏み切ったのか・・・、と勘ぐってみたが、無料で新品にするというリスクの方が計り知れない。これは邪推というものだ。でも、次に買い換えるとき、「同じレンズで」と頼むと、グレードの高い商品になってしまうわけだ。「そりゃ酸素透過性の高いレンズの方が眼には楽だし、いまさらグレードダウンできないな」みたいな選択をするユーザーがいれば、ちょっとだけ利益が望めるかもね。
 私は単純に「ラッキー」と喜んでますけど。
# by hiroafukasawa | 2008-03-14 11:16 | 雑記帳 | Comments(0)
マイ箸
 去年の暮れあたりから、マイ箸を持ち歩いている。少しでも割り箸を使わないように、ひいては森林の伐採にブレーキがかかるようにという思いだ。中国製の安い割り箸は、木を切り倒して作っているらしい。一方、日本製の割り箸は、間伐材などを使っているので森林の保護に役立つ。こちらはお金を出してでも使ってやらないと、産業として成り立たなくなる。だけど、中国製と日本製を区別する方法がわからないので、とりあえずマイ箸にした。使わなくていいものは使わない方向で考えるのが、これからの生き方だと思う。
 ところで、残業で晩飯を会社の近くのうどん屋に食いに行くことが多い。甲府のはずれの小さなうどん屋。夫婦二人でやっている。うどんは安いが、おしぼりも出てこないような店だ。会計の時、私がマイ箸をティッシュで拭こうとすると、奥さんが親切にも「洗いましょうか」といってくれる。それが何回か続いたある日、奥さんが私の箸を洗って手渡してくれたとき、「家でもこの箸を使っているんですか?」という。質問の意味が分からず、首をひねりながら「外で食べるときだけですよ」と答えた。
 奥さん、マイ箸の意味を知らないのだろうか。同じ枕じゃないと眠れない的な「ぼく、この箸じゃないとご飯が食べれないの」みたいな変な男だと思われたのだろうか。マイ箸が静かなブームとか、新聞に載ってた気がするが、まだまだ田舎まで浸透していないようだ。公共広告機構でマイ箸のCM流してくれないかな。
# by hiroafukasawa | 2008-03-13 16:23 | 雑記帳 | Comments(0)
黄色い花
e0137995_15581887.jpg

「黄色い花」 H30cm×W15cm 油彩 (2007)
# by hiroafukasawa | 2008-03-13 16:00 | 作品 | Comments(0)
何の意味があるんだ 2
 昨日の帰り道、私の前を走っていた原付バイクの泥よけに何か大きく字が書いてある。信号待ちで確認する。黄緑色のビニールテープで「みかん」(縦書き)。
 みかんならオレンジ色にしたらいいのに。というか「なんでみかん?」。ひょっとして乗ってる人の名前か? 後ろ姿だけれどどう見てもおじさんだ。みかんちゃんじゃねーだろ。
 その字がまた、妙にうまいこと配置されていて、ちょっとしたロゴのように見える。左寄りに「み」、「か」は意図的に右に寄っていて、「ん」が少し回転している。「プロ(同業者!)の仕事か?」。でも、つぎはぎしたビニールテープだし・・・、原付の泥よけだし・・・。意味不明だし・・・。
 謎です。

# by hiroafukasawa | 2008-03-12 12:52 | デザイン | Comments(0)
何の意味があるんだ

 昨日の夜の帰り道、私の前にマジェスタが走っていた。ちょっと車高を低くした感じの。私の後ろにも数台の車。左後方には原付バイク。信号が変わり減速。するとそのマジェスタはグイと左によって路肩にはみ出して停車した。
 「でこぼこを避けるために寄ったのか」ぐらいに思っていたが、青になってしばらく走ると交差点もない路上で右折の合図。路地にはいるらしい。対向車が来ているので停まらなければならない。するとこのマジェスタ、わざわざ左に大きくハンドルを切ってから右を向き、道路をふさぐように車体を斜めにして停まりやがる。
 もちろん、私は車だからマジェスタの横をすり抜けられるはずもなく、そこで停まることに何の不満もないのだが、「何がしたいんだ」と思わざるを得ない。左側を原付に走られるのがいやなのか。こすられると思っているのか。
 私は言いたい。「だったらマジェスタなんかやめて軽に乗のったらいい」と。

# by hiroafukasawa | 2008-03-11 19:26 | 運転マナー | Comments(0)