人気ブログランキング |
<   2018年 11月 ( 1 )   > この月の画像一覧
古春堂画廊「三浦千波展」
先日、甲府市相生にある古春堂画廊で、「三浦千波展 〜古里・みちのくの風景〜」を見てきました。
おもに風景画ですが、半抽象で、とても雰囲気のある絵で、良かったです。
三浦さんは、1955年、岩手県生まれ。風景に対する作者の思いはさまざまに深いものがあることはわかりますが、ここでの解説は割愛します。画廊で実物を見て下さい。

e0137995_13473110.jpg
上の画像はDMの作品写真です。〈「大船渡」水彩・パステル〉

展示されている絵は、油彩と水彩ですが、どちらも同じような迫力で描かれています。まあ、それが当たり前なのですが。
だけど、山梨では、「水彩といえば透明水彩で、風景を写真のように描くもの」というナンセンスなルールがあるみたいで、この、三浦さんのような水彩を目にすることはあまりありません。県内の公募展でも、油彩、水彩、日本画・・・と細かくジャンル分けされていて、油彩では様々な表現が受け入れられていますが、水彩になるとキュービックな絵を描いても批判されるようです。ましてや、水彩の抽象画なんて出したら、落選させられるんじゃないでしょうか。

・・・いろいろ、書きたいことはありますが、ここまでにしておきます。

「三浦千波展」の後半の展示は、17日(土)から19日(月)まで、甲府市相生三丁目6-30 古春堂画廊で開かれます。

by hiroafukasawa | 2018-11-16 14:04 | レビュー | Comments(1)