人気ブログランキング |
<   2009年 09月 ( 17 )   > この月の画像一覧
立場の違う人のことを考える3
 センターラインはあるが路肩の狭い道路。原付が2台、縦に並んで走っている。たまたま前を行く高校生がトロトロ走っているので、後ろのお兄ちゃんがイライラとくっついていたようだ。
 で、お兄ちゃんが何をしたかというと、あろうことか、前を走る高校生の原付を追い抜きざまに左折したのだ。つまり、右側から追い抜いて高校生の前を横切って左の道へ曲がっていったのだ。
 「のろのろ走ってんじゃねえよ!!」というあいさつ代わりのつもりだったんだろうが、案の定2台は接触、高校生の原付は横転してしまった。バカな運転をするものだ。
 そんな事故が、私たちが乗った車の目の前で起きた。若いお兄ちゃんは、私たちがいなければそのまま知らん顔で逃げて行ってしまいそうな勢いだった。原付を止めて、倒れた高校生の方に歩いていくときも、「おめえがトロトロしてっからだぞ」と言わんばかりのふてぶてしい態度。
 見ると、高校生の方はちょっと知的障害があるような顔立ち。スピードを出せないわけが彼にはあったのだろう。それがお兄ちゃんにはわからない。わかろうとさえしない。
 自分と同じことをできない人がいるということを想像できない。そういった意味でもバカなお兄ちゃんだ。


e0137995_18425533.jpg

 なんの関係もないけど、デザインの仕事をしていると、こういう紙見本なんかも使うことがある。これは「里紙」という和紙テイストの紙の見本帳。なかなか味わいのある色で気に入っている。iPhoneで撮影。
by hiroafukasawa | 2009-09-30 18:40 | 雑記帳 | Comments(0)
立場の違う人のことを考える2
 最近、パソコンのモニターに向かうにも老眼鏡をした方が楽だということに気がついた。
 老眼じゃない人には、老眼になった人のことはわからない。

 通勤路の途中に大きな市立病院がある。なので、たまに救急車と遭遇する。当然、道を譲るのだけれど、救急車ってものすごく慎重に交差点に入ったり、ものすごくゆっくり交差点を右折したりする。もちろん赤信号や優先を無視して走るのだから事故に気をつけているのは当然だろう。でも「それにしても慎重すぎるだろう」と思うこともある。
 それは、中に乗っている人のことを考えればわかる。交通事故で「首やっちゃった」みたいな人は、動かすだけでリスキーなのだし、社内で救急隊員が何らかの処置をして「揺らすな!!」とかやっていないとも限らない。
 サイレンを鳴らしていても、おいそれと飛ばしていけない事情が救急車にはある。それを考えずに「救急車はとろくさいから、べつに道を譲らなくてもいいんじゃね?」とかいうのは間違っている。
 その程度のことは人間としてわからなければいけない。その程度のこと、というのは救急車のことだけをいっているのではない。
by hiroafukasawa | 2009-09-29 21:26 | 雑記帳 | Comments(0)
違う立場の人のことを考える1
 私の会社は雑居ビルのようなところに入っている。出口(社員通用口)は屋根のある自転車置き場で、天井には蛍光灯がついている。
 仕事柄、残業が多く、ビルの中で一番最後に退社することもしょっちゅうある。機械警備のスイッチを入れて、もう誰もいないのだから点けっぱなしじゃ電気がもったいないので、蛍光灯のスイッチを切って、鍵を守衛所へ持って行く。
 その入口に監視カメラがついた。その後も私は、最後に帰るときは蛍光灯を消していた。そしてある日、守衛さんに呼び止められた。「出口の蛍光灯を消さないでください。監視カメラに何も写らないので、わざわざ点けに行かなきゃならないんです」と。
 なるほど。もったいないと思って消していた電気は、守衛さんにとっては点いていなければ意味がないのだった。
by hiroafukasawa | 2009-09-28 20:22 | 雑記帳 | Comments(0)
画像を入れるように頑張ろう
 カメラマンがブログを始めれば、そのブログに自分が撮った写真を載せるのは当たり前。お菓子作りが好きな人が自分で作ったお菓子を撮ってブログに載せるのもよくある。毎日じゃないとしても、更新する度に写真と文章をそろえるのは、結構たいへんなんじゃないかな。まあ更新の頻度によるけど。
 先日、あまりパソコン関係に詳しくない友人が、「ブログって毎日更新しなきゃいけないんでしょ」と言っていたが、別にそんな縛りはない。
 そんな縛りはないけれど、ほぼ毎日更新しているのはなぜだろう。
 なんとなく「更新しなきゃ」と思っているから。「毎日更新しなければ見る人がいなくなる」と言うのも一理あるが、毎日更新していてもそんなにたくさんの人が見てくれている訳じゃないことはアクセス解析を見れば一目瞭然。
 さらに、「字ばかりじゃなんだから画像も毎日入れていこう」なんて話になると、なんだかブログを更新するために毎日生きているみたいになってくる。
 なかには、本当にそれが生き甲斐になっている人もいるだろうな。ブログを更新することを自らに課すことによってかろうじて自殺を踏みとどまっている人とか(ちょっと極端かもしれないけど)。それはそれでいい。
 でも、私は違う。もともと余力で始めたブログだから、余力でできる範囲でやるのが私のやり方だと思う。

 それでも自分のブログをあらためて見て、「やっぱ、絵があった方が見栄えもいいし読みやすいよな」と思うのは、クリエイターとしての性(さが)なのだな。

 夕方になると微熱が出てくるが、今日は頑張って絵を描こう。
by hiroafukasawa | 2009-09-24 19:21 | 雑記帳 | Comments(0)
小品
e0137995_16125046.jpg

机の上のイメージ。iPhoneで撮影。

 最近、油絵の小品を描いていない。
 以前にも小品を描かなかった時期がある。
 個展をやった後、サラリーマンの私が「売れるような絵を狙って描く」ということをする必要があるのか? と思った時期があって、しばらく小品を描かないでいた。その後、「売れなくてもいいなら好きに描いたらいいじゃん」とおよそ売れそうもない絵を描いて個展をやった。1枚も売れなかった。
 その後また、しばらく小品に手を着けなかったのだが、私の絵を買いたいという人がいたこともあって、「売れ筋の絵も少し描いておこうかな」とよこしまな気持ち半分で花の絵とかを何枚か描いた。
 そして今、あらためて小品に何を描いたらいいかわからなくなってしまい、描く気になれない。
 大作でやっていることとは無関係に、純粋にきれいな、半抽象の風景なんかをやろうかと思ったが、今ひとつ気分が盛り上がらない。
 やはり、大作と同じテーマでいこうかな。絶対に売れないと思うけど、それはそれで。
by hiroafukasawa | 2009-09-23 16:33 | 制作 | Comments(0)
展覧会3本
 昨日は、山梨市によって竹下みさおさんの個展を見てきた。絵本の原画のような作品で、かわいらしい絵が並んでいた。


e0137995_19183840.jpg

 こちらは「小林宏展」。スクエアの同人。基本的に日本画だけど、半立体というか、オブジェに近くなってきている。パネルを裏返して、中央が凹んだ画面に絵を描くという発想も面白いと思った。

 もうひとつ、写真展を見てきた。銀塩フィルムにモノクロプリント。デジタル全盛にあって、アナログ・モノクロにこだわる作品。独特な空気感がある。個人的にはもうちょっと大きくプリントして欲しかったかな。
by hiroafukasawa | 2009-09-22 19:44 | レビュー | Comments(0)
マイ箸2
e0137995_17411721.jpg

iPhoneで撮影。
 わりばしなど、使わなくて済むものは使わないようにしようと、マイ箸を持ち歩いているが、例えば昼食でも、外に出かけることもあれば弁当を買って社内で食べることもある。社内で使うとそのまま机の上に置きっぱなしにしてしまい、外で食べるときに使えなくなることが多い。
 面倒くさいので、箸を2膳使うことにした。車に入れておく用と社内で使う用。
 ちなみに、橋も箸袋もスーパーで売っている普通のもの。
by hiroafukasawa | 2009-09-21 17:46 | 雑記帳 | Comments(0)
自走路
 甲府の繁華街に買い物客が少ない。夜も、かつての飲み屋街に人が歩いていない。駅前だけが少し賑やかだ。
 商店街に買い物客を呼び戻すために、様々なアイデアを実行しているようだが、大駐車場完備の郊外型ショッピングセンターに押され、地盤沈下は進む一方のようだ。
 「駐車場が増やせないなら、いっそのこと市街地はすべて歩行者天国にしてしまえばいい」という荒っぽいアイデアも耳にする。中心街への自家用車乗り入れ禁止。
 それも面白いとは思うが、その代わりとなる公共交通システムが必要だ。足腰に問題のある高齢者や障害者にとって、バスの乗り降りは結構しんどいだろう。
 夢のような話だが、甲府中心街の碁盤の目のような道路に「動く歩道」を敷設するのはどうだろう。それも、ベルトコンベアみたいのじゃなくて、リニア(磁石の反発で浮かぶやつ)を利用した、遊園地のコーヒーカップみたいなやつ。コーヒーカップじゃでかすぎるので、1〜2人乗りでちょっこっと座れて乗り降りが楽で、お互いがぶつかってもあまり衝撃のないようなもの。車いすでも乗れる大きさのも欲しい。走行は自動。進行方向だけ指定できて、どこにでも止まれる。乗るときは空いてるのを見つけて乗るか、乗り場みたいのをいっぱい作っておく。
 SFみたいだけど、携帯電話も車のソーラー電池によるエアコン(まだファンだけだけど)も実現したし。
by hiroafukasawa | 2009-09-18 19:20 | 雑記帳 | Comments(0)
最近の仕事
e0137995_19293666.jpg

iPhoneで撮影。

 字ばかりなので、画像を入れていきたのだが、なかなか写真を撮る機会がなくて、ふと手元に、最近やった仕事の印刷物があったので、撮ってみた。あんまりはっきりとした撮り方だといろいろあるので、こんな感じで。

 日曜日の夜に絵を描こうと思っていたのに、最近ニュース番組が面白くて、うっかりテレビを見てしまったら、月、火、水と残業で、今日もこの時間になってしまった。油絵の具が乾くタイミングで描けたらいいのだが、なかなかそうはいかない。
 そうそう、今年はテニスをしていないせいか、体力も落ちてきているようだ。家に帰ると、体がだるくて何もしたくない。
 朝晩涼しくなってきたので、ここらで気合いを入れ直さなければいけない。
by hiroafukasawa | 2009-09-17 19:41 | 最近の仕事 | Comments(0)
軽に大人5人
 先日、残業の後の帰り道、私の前を軽自動車が走っていた。古い感じの車で、たぶん550cc。室内も狭いと思うのだが、そこに大人が5人乗っていた。すでに違反。
 しばらく同じ道だったので、後ろについて走っていた。「大人かな? それとも大きな子供かな? 若者っぽいな」と思ってみていると、どうやら後列右端は女性で、真ん中の男とイチャイチャ始めた。そのうちクッションを二人の顔に当てて、その陰でなにやら顔をくっつけて・・・。
 こっちからはまる見えだっっっ。というか、狭い車内でそんなこと始めたら、他の3人だって気づくはずだ。こりゃあ、かなり気まずい空気が流れてるか、もしくは5人とも酔っぱらってるかのどっちかだな、と。
 運転手だけは素面であることを祈る。
by hiroafukasawa | 2009-09-16 20:10 | 運転マナー | Comments(0)