人気ブログランキング |
<   2008年 08月 ( 23 )   > この月の画像一覧
点数表
 調べものをしていたら、昔書いた文章(社内報の「たからもの」というコーナーに寄せたもの)がでてきたので、転載してみる。


 大学二年の秋から、同じ美術科の先輩がいるぼろアパートに下宿した。その「若草荘」には、私と入れ替わりに卒業した先輩が絵描きを目指して暮らしていたり、四年のころには同級生が隣の部屋に住んだりと、とにかく溜まり場になっていた。そこで連日連夜のように開かれていたのが「マージャン大会」だった。
 だれもが初めての経験でお互いにルールを説明しながら、チョンボを繰り返しながらの大騒ぎだった。賭けるのはジュースと"プライド"だけ。いかにきれいな"手"で上がるかに関心が集まっていた。
 延々と続いた戦いの記録はいつしか巻物となった。卒業の時にこの巻物をコピーして主なメンバーに配った。彼らも大切に保管してくれているものと思う。
 広げて見れば、いつでもあのころのことが蘇ってくる。役満の興奮、打ちながら眠っているヤツ、明け方になると強くなるヤツ。マージャンだけじゃない。六畳一間に十三人が集まって鍋をつついたことや、朝まで飲んで騒いだことなどが一緒に思い出される。友情があり恋があり、エゴの衝突があった。貧乏暮らしに涙したこともあった。それらの思い出が点数と点数の間に染みついている。匂いさえする。
 ちなみに私のトータルは+120だった。


 14年くらい前、うちの会社に中国から研修生が来ていたことがあった。英語はペラペラ、日本語もかなり流ちょう。かわいい顔をした女の子で、しかもエリートだ。私が「イー、アル、サン、スー」と中国語で数字を数えると、とても驚いて「どうして覚えた?」と聞いてきた。日本人は中国語に興味がないとでも思っていたのだろうか。
 「マージャンだよ」と教え、彼女が来る数ヶ月前に発行されたこの社内報を渡し、前述の記事を読ませてあげた。彼女はいい子だったので、お世辞だと思うがとても感心して「いい文章だ。漢詩にしてもいいかもしれない」といってくれた。それが何だかとてもうれしかった。彼女は今どうしているのだろう。きっと幸せなんだろうな。結婚して子どもが出来て、家族で北京五輪を楽しんだことだろう。それとも、キャリアウーマンになって、中国とはいわず世界を相手に仕事をしていて、五輪どころじゃなかったかも。でも、日本語を読んで漢詩に変換するって、すごいな。・・・ん? そうでもないのかな?
by hiroafukasawa | 2008-08-29 20:02 | 若草荘物語 | Comments(0)
MacでiPhoneの着信音を作る
 MacでiPhoneの着信音を自作してみる。記憶だけで記すので、間違っているかも知れない。
 ダウンロードした楽曲ではできないものがあるそうだが、私はお気に入りのCDから作るので問題ない。まずはCDの曲をiTunesに入れる。iTunesの環境設定で「着信音」のチェックボックスにチェックすると、ライブラリに「着信音」のフォルダができる。iTunes上で曲を選び着信音にしたい部分のタイムをメモしておく。長さは30秒が目安らしい。「ファイル」・・「情報を見る」・・で「オプション」のウインドウを表示。曲の演奏時間を指定できるので、着信音にしたい部分の始まりと終わりの時間を指定。プレイして確認してみる。良ければその曲を選択したまま「詳細」・・「選択項目をAACに変換」する。iTunesがその曲をコピー(変換)し始める。出来た曲の演奏時間を見ると指定した長さになっている(前後がなくなってる)。元の曲は時間の指定のチェックボックスをはずして元に戻しておく。変換して出来た曲のファイル(拡張子がついたやつ)を探す。「ユーザー」「ミュージック」「iTunes」などと階層を下りていって、ファイルに辿り着いたら拡張子を「.4ma」を「.4mr」に変える。
 で、iTunesにもどって作った曲をライブラリの「着信音」フォルダに入れれば完成のはずだが、これが入らない。よくわからないが、やり方としては、元のファイル(拡張子を書き換えたヤツ)を、1つ2つ上の階層の「iTunes Music」の中に「Ringtones」というフォルダがあるので、そこにコピー(optionを押しながらドラッグ)する。コピーしたファイルをダブルクリックする。すると、iTunesの「着信音」に曲名が入り演奏が始まる。コピーしないで移しただけだと、「Ringtones」のフォルダの中でダブルクリックしても元のフォルダ(「ミュージック」)の中で演奏が始まり、「着信音」には曲名が入らない。
 あとはiPhoneと「着信音」を同期させればよい。
 文章で見ると大変そうだが、慣れれば簡単。元の曲の演奏時間の指定を解除するのをお忘れなく。音楽を同期させたとき、iPhoneのiPodに短いままに入ってしまう。
 こうやって、アカウントにしても着信音にしても、自分でやらなければならないというのがiPhoneのミソ。これが楽しく思える人はいいが、億劫だと思う人はiPhoneはやめた方がいいかも。
by hiroafukasawa | 2008-08-28 19:04 | 雑記帳 | Comments(2)
iPhoneのアドレス
 そんなかつての携帯電話には、150数件の電話番号とメールアドレスが登録されている「電話帳」があって、親切なSoftbankさんは、「携帯メモタツ」(試供品・CD-ROM)というアプリケーションをくれた。ただし、Windowsでなければ使えない。まず、携帯とパソコンをつなぐUSBケーブルを購入、会社のWindowsに「メモタツ」をインストール、携帯の「電話帳」を「メモタツ」の指示通りにテキストデータに保存(なんとか形式というやつ)。それを別メディアに保存してMacへ(メールに添付しても可)。iPhoneとMacでは「アドレスブック」が同期する。Macのアドレスブックを起動して「ファイル」・・「読み込み」・・「テキストファイル」・・でWindowsから持ってきたデータを選択。ここで、項目を割り振ることが出来る。デフォルトだとメールアドレスが「読み込まない」になっていて、名前と電話番号しか移せないが、メールアドレスを「メール(その他)」などに設定し、「メモ」に「メモリーNo.」が割り振られているのでそこは「読み込まない」にして、あらためて「メモ」に携帯の「グループ」を割り振るなどすれば、データを十分にアドレスブックに移すことが出来る。あとは、iPhoneをパソコンにつないで、アドレスブックを同期させればいい。めんどくさいけど、1件ずつ入力し直すよりはよっぽど楽。
by hiroafukasawa | 2008-08-27 16:09 | 雑記帳 | Comments(0)
星空(ネガ)
e0137995_2027965.jpg


「星空(ネガ)」 F6 油彩 (2006年)

白黒反転させたような星空。星の部分はなるべく塗らずに、周りに絵の具を塗り重ねた。だから、よく見ると黒い星の点はへこんでいる。
by hiroafukasawa | 2008-08-26 20:30 | 作品 | Comments(0)
iPhoneとアイコン
 携帯電話(一般的なやつ)はどうしてこんなに複雑になったんだろう。もともとはただの電話機なのに、メールが出来るようにして、画像や動画を送れるようにして、インターネット的なものも見えるようにして、どうせならテレビも見れるようにしちゃえ、というふうに後からいろいろくっつけて、今の形になっているわけだ。iPhoneを使ってみると、それが複雑でしかも中途半端だということがわかる。
 以前の携帯で写真を撮るときは、フォトとムービーを選んだり、画像の大きさを選んだり、撮った写真を保存するか、保存するならどこに保存するか、といちいち選択していかなければいけないステップの多さに嫌気がさした。もっと言えば、計算機もアラームも、使いづらくて使わなくなった。iPhoneは、カメラのアイコンをタッチしてカメラが起動すれば、すぐ撮れてそのまま保存される。計算機も画面がそのまま電卓になった感覚で使える。アラームもスロットで面白くてわかりやすい。
 この、アイコンというのが肝だ。デザインをやっていれば誰しも経験があると思うが、うまくアイコンを用いることによって、利用者にとってよりわかりやすく、早く、的確に使えるデザインになる。これまでの携帯電話は、なにをやるにも選択肢が文字による表記だけだから、余計な神経を使い、意外と間違えることが多い。
 よく、MacがWindowsより感覚的に操作できるというが、iPhoneでも同じことが言える。
by hiroafukasawa | 2008-08-26 19:32 | 雑記帳 | Comments(0)
山は越えた
 土・日はのんびり過ごそうと思っていたら、まぁ、確かにのんびり過ごしたのには変わりないけど、風邪をひいて、悪寒と頭痛でずっと寝ていた。「お父さんは寝てばっかり」と娘に言われるが、本当だ。
 20年以上もサラリーマンをやっていると、というか、5年もサラリーマンをやっていれば、平日にダウンすることがなくなってくる。高熱とか下痢とか、仕事にならないほどの病気は必ず休日。うまいこと体が調整されている。デザインの仕事をしていると、自分が抱えている仕事の進捗状況は他のスタッフにはわからないものなので、急に休むようなことはなかなか出来ない。休めば、私の代わりに誰かが余計な時間を使うことになる。効率が悪い。
 新人の頃は、二日酔いで起きられなくて、当時は一人暮らしだったので会社に連絡もせずに寝ていたら、えらい怒られた。当たり前だ。
 そう、休日に寝たきりになるもう一つの理由は二日酔い。これはもう、家族には申し訳ないが、「ほどほどに飲む」ということができないのだ。

 さて、このところずっと仕事が立て込んでいたのだが、やっと一区切り付いた。絵も描けなかったし、このブログも字ばっかりになっている。風邪も治ったので、今夜からがんばろう。
by hiroafukasawa | 2008-08-25 19:11 | 雑記帳 | Comments(0)
遅い夏休み
昨日は夏休みをとってiPhoneに曲をいれたりしていた。今日ものんびり過ごす予定。
by hiroafukasawa | 2008-08-23 12:26 | 雑記帳 | Comments(0)
NYの美術作家
 昨日の夜は会社の同僚と、その同僚と(なぜか)親しいニューヨークで活躍している美術作家のSさんと3人で、「あまんじゃく」というお店で飲み会だった。私はSさんのことは知っていて画集も持っているのだが、Sさんは私のことなんか知らない。SさんはNYと東京に家があって実家が甲府にある。その実家と同僚の家が近所というだけで親しくさせてもらっているらしい。Sさんに飲み会に誘われた同僚が、「二人じゃなんだから」といって私を誘ってくれたというわけだ。Sさんという人はとてもフレンドリーで、自分の活躍を鼻にかけるところもなく、いい意味で「近所のおじさん」といった感じ。楽しいお酒だった。ただし、Sさん自身は下戸だという。私たちがビールを3本、焼酎を1本飲み干す間、ずっとお茶を飲んでいた。
 同僚が私に「教員免許を持っているなら、高校の先生になればよかったのに」というので「描くのと教えるのは違う。教えるのはむずかしい」と返した。するとSさんは「教えるのなんか簡単だよ。特に油絵が簡単。まず描きたい絵をイメージさせる。そのイメージ通りに描けるように筆を選んでやる。絵の具は欲しい色のチューブを買ってこさせる。そして自由に描かせる。少しアドバイスしつつ、週に1回の授業で、2週目には素晴らしい絵が完成する」(要約)という。
 そのまま日本の学校教育に当てはめることが出来るかどうかわからないが、とてもおもしろい手法なので自分の子どもに油絵を教えるときに使ってみようと思った。

 お開きになって、私は一人、いつもの萄pe'溜に。キリンの「富士山麓」というシングルモルトとグレンフェデリックの18年をいただいた。0時を過ぎて21日になったところで、女性のお客さんがケーキにろうそくの火をともして登場。マスターの誕生日だという。サプライズだ。
by hiroafukasawa | 2008-08-21 19:49 | 雑記帳 | Comments(0)
WOW
 県立美術館県民ギャラリーで開催中の「グループWOW展」と「夢・色・形展」を見てきた。どちらの展覧会もいろいろなジャンルの作家の作品がごった煮状態で、特に後者は1人1点なので「展覧会」というより「発表会」のような印象を受けた。グループで展覧会をやるということの難しさがある。
 
 コンピューターグラフィックアートとというのか、われわれグラフィックデザイナーにはお馴染みのPhotoshopを使ったイラスト(作者本人はイラストとは思ってないかもしれないが・・・)を発表している人がいる。美人モデルのポートレートに背景と白い羽を合成して美しい天使のイメージに仕上げているのだが、なんだろう、だから何?っていうか、舞台裏(Photoshopでの作業)を知っているせいもあってチープに見えてしまうんだよな。確かにきれいなんだけど。テクニックとしても、知らない人が見ると「すごい」と思うんだろうな。でも、コンピューターを使った作品を見ると必ず「やろうと思えば俺にでも出来る(MacとPhotoshopがあるから)」と思うところがあって、そのへんがイラストにしか見えないというところなのかな。モデルが美人だったという印象だけが残った。
 
 改めて思うのが、「あえて描かない」ことの難しさ。描きすぎると面白くなくなる。浅くなる。写真のように描けることが「うまい」とすれば、ぱっと見「へたくそな絵」とか「何が描いてあるのかわからない絵」でも、じっくり見ると味があるのがわかってくるというのがいい。ただ、「じっくり見てもらう」ところまで作品の質を持ちあげてくるのがまた大変なんだよな。
by hiroafukasawa | 2008-08-19 15:52 | レビュー | Comments(0)
iPhoneのメール
 電気屋さん(量販店)じゃなくてSoftbankのお店でiPhoneを買ったので、売場でメールアドレスを決めてもらった。決めてもらったというか、希望のアドレスを言って、それをサーバ側に設定してもらう作業をしてもらった(ということらしい)。
 で、「メールのアカウントはお客様の方で設定していただきます」ということだったので、手にして早速、設定を始めた。それが失敗だった。いくらやってもつながらない。あとで、iPhoneを特集した雑誌を見たが、最初に「My Softbank」というHPにアクセスして、メールアドレスの変更をしなければいけなかったようだ(でも、これは売場のお姉さんがやってくれたんじゃないのか・・・という疑問もある)。これも後から気が付いたのだが、ショートメールを見ると、最初に機械的に振られたメールアドレス届いていた。なまじ、PCの知識があったので、必要な行程をいくつかすっ飛ばしてしまったようだ。で、My Softbankのページには「一度変更すると、30日間は変更できません」とか言うことが書いてある。間違ったアカウントまま30日間は手がつけられないと言うことか。いろいろやってみたが、結局、受信は出来るが送信は出来ない状態のまま。
 ところが、iPhoneは携帯電話と違って、いくつものアカウントを同時に使えるので、パソコンからGmailのアカウントを取得して、IPhone側に設定。これは難なく使えるので、一安心。でも、@i-softbank.jpのメールが一方通行のままなのが、なんとなく許せない。ネットで調べてみると「SSLを使用しない」に設定すればよい、という答えもあったが、それもダメだった。いずれ、解決してみせよう。
by hiroafukasawa | 2008-08-18 20:17 | 雑記帳 | Comments(0)