人気ブログランキング |
<   2008年 05月 ( 29 )   > この月の画像一覧
皮膚科の先生
 4、5年前、手の指と足の裏に小さな水泡ができ、それがどんどん増え、ついにはひび割れて血がにじむという奇病(うそ)にかかった。始めはかゆいくらいで我慢していたがひび割れが始まり血がにじむようになったところで「これはいかん」と病院に行くことにした。なにしろ、キーボードを打つのにも痛むのだから、仕事にも差し障りがある。
 お医者さんに診てもらうと、「とりあえずステロイドの塗り薬を出しておくからそれを塗って様子を見て」という。だけど、指なんてすぐ薬がとれちゃうし、いつまでたってもちっとも良くならない。「どうもこのお医者さん、ダメかも」と思い、別の皮膚科に。でも、結果は同じ。塗り薬で様子を見ることに。
 この2軒は、看板に別の診療科目も掲げている医院で、皮膚科専門じゃなかったようだ。そこで、専門の先生のところに行ってみた。この先生、年は取っているが言葉遣いが荒っぽく、見た目もチンピラっぽい。ところが「これは金属アレルギーだね」と的確な見立てが返ってきて「義歯の金属がアレルギーの元かもしれない。歯医者に行って診てもらって」と指示された。
 さて、うちの会社の建物の水道は、一度屋上のタンクに汲み上げ各フロアに供給している。そのタンクの中が錆びているらしく、水道水が「金臭い」のだ。社員食堂ではその水を使って米を炊き、みそ汁をつくっている。長年、その食堂で昼飯を食べてきた私は「金属アレルギー」と聞いてピンときてしまった。その日からリーズナブルな社員食堂は諦めて、弁当屋さんにした。すると、たちまちひび割れが治ってきた。先生に、ステロイド剤がシールになっている「ドレニゾンテープ」という貼り薬を処方してもらったが、これも良く効いた。
 おかげで、ほとんど完治したが、疲れがたまったりすると、たまにまた水疱が出てくる。残っていた薬を大事に使っていたが、先日とうとう底をついた。この薬は、お医者さんの処方がなければ手に入らないので、今日、久しぶりに先生のところに行ってみた。すると驚いたことに、医院の名前が変わっていて、「内科・皮膚科」になっている。おそるおそる入って受付で尋ねると、あの先生は病気療養中で診察できる状態じゃないそうだ。あんなに元気そうだったのに・・・。新しい先生は、どうも内科の方が専門らしく、患部をろくに見もせず、事前の問診票にかつて「ドレニゾンテープを出してもらった」と書いておいたので「じゃ、同じ薬を出しておきますね」と、診察は15秒で終わった。
 あらためて、私は「あの職人気質の先生に診てもらって助かったなぁ」と思うのだった。
by hiroafukasawa | 2008-05-30 19:42 | 雑記帳 | Comments(0)
スクエア展の作品
e0137995_19151788.jpg

浅川徹さんの作品
「形成層」 F100 ミクストメディア

第18回スクエア展は6月21日から27日まで山梨県立美術館県民ギャラリーBで開催。
by hiroafukasawa | 2008-05-29 19:18 | 作品 | Comments(0)
ケツが痛い
 最近、また忙しくなってきて、ほぼ1日中Macに向かって仕事をしている。肩こりもさることながら、ずっと座っているのでケツが痛くなる。いや痔じゃないよ。臀部全体が痛くなるのだ。痛いというか、一種のコリだよな。
 整体の先生に以前言われたのだが、骨盤が前後に動かなくなっているのだそうだ。人は歩くときに、大腿骨と一緒に骨盤も前後に動いているのだが、私の骨盤は固まって動かないのだ。これも職業病だよな。1日中座っていても、こまめに姿勢を変えればいいんだが、仕事に集中すると、パソコンのモニタから目を離せないし、キーボードから手が離せない。頭が動かない、肩が動かない、当然腰も動かない。
 さらに心配なのが、腰の上の背中の筋肉が固くなって「ギックリ腰」っぽくなっていること。前兆があるので、注意しなければ。
 仕事がなくて余裕こいてると社長から「営業に行け」とか言われるし、忙しくなると体にガタが来る。内勤もいろいろ辛いのだ。
by hiroafukasawa | 2008-05-29 19:04 | デザイン | Comments(2)
「イメージ通りのデザイン」
 何年か前だが、私がいつもの店で一人で飲んでいると、男の二人連れが入ってきた。中年と若者。私の隣のカウンターに座り、中年男性がマスターに「彼は印刷屋さんの息子さんでグラフィックデザイナーをやっているんです」と若者を紹介した。同業者だ。さらに「彼は大変センスが良くて、私のイメージ通りに印刷物を作ってくれんですよ」と続けた。どうやら、中年男性はクライアントらしい。クライアントが印刷屋のせがれを接待するという逆転の構図らしい。で、この若者が大変無口で、お酒も遠慮しているのかたいして飲まず、ただ黙って座っている。ここにいることが本意ではないという体だ。クライアントの方はずいぶん彼を気に入っているようだが。

 さて、以前我が社で募集していたグラフィックデザイナーが決まり、5月から仕事をこなしている。「自分で考えてレイアウトを決めたことがない」というようなことを言っていて若干頼りないが、それなりの経験があるので即戦力として活躍してもらっている。私が彼に言うのは「クライアントが出してきた原稿をそのまま作っても、OKはもらえるかも知れないが、それはギリギリ60点の合格ライン。デザイナーなら原稿の意味をよく理解し、よりわかりやすくプラスアルファの提案をしなければいけない」。「もらった原稿を何も考えず、そのまま作ったら、そこらの印刷屋のデザイナーと一緒だよ」と。
 クライアントに「なるほど、この方がわかりやすい」とか「思っていたよりきれい」とか、「やっぱりプロに頼むと違うねぇ」といわれるぐらいじゃないとだめだよな。
 そういえばあの日、マスターは同業者と知ってても私を二人に紹介しなかったな。「私は同業者だけどこの二人の話の輪には入りたくないオーラ」が私から出ていたかもしれないな。
by hiroafukasawa | 2008-05-28 19:29 | デザイン | Comments(0)
絵の道具 2
 絵を立てかける三脚みたいなヤツをイーゼルという。よく、喫茶店とかの店先に「きょうのおすすめ」とか書いてある小さな黒板がのっかてるやつ。室内用と野外用があって野外用は足を伸縮させることができて、カメラの三脚にかなり似ている。室内用は手前の足2本は固定で、Aの字のように横に1本、絵を置く棒があって、もう1本が後ろに動くようになっていて支柱代わりになる(説明がめんどくさい)。
 だけど、50号クラスになると、こんなイーゼルでは心許なくなってくる。大きな絵用のでっかいイーゼルもあるんだが、これはなんかギロチン台みたいなヤツで場所もとるし値段も張る。で、私は、せっかくアトリエをつくったのだから壁に直接立てかけてもよかったのだがなぜか踏ん切りがつかず、とりあえずイーゼルらしきものが欲しくて利用したのが鉄製の棚。支柱と棚板やビスをバラで売っているやつ(色は白と黒しかない)。一番短い支柱2本を手前に、一番長い支柱2本を後ろにして棚板を渡し、棚板の上に絵を置いて後ろの支柱に立てかけるという具合に組み立てた(異様に足が短く異様に背もたれが高い椅子のようなもの)。構造が単純だから安価で使いやすい。
 ところが、これも120号以上になると、支柱の長さより絵の方が大きくなり、支柱の先がキャンバスに刺さってしまう。支柱を継ぎ足さなければならない。なんか、あの頼りなげな室内イーゼルで絵を描いていた頃が懐かしい・・・。


 下の作品「匿名C」はスクエア展に出品する予定です。
by hiroafukasawa | 2008-05-27 21:49 | 制作 | Comments(0)
匿名C
e0137995_2116459.jpg

「匿名C」 F100号 油彩 (2008年)
by hiroafukasawa | 2008-05-27 21:17 | 作品 | Comments(0)
また頭痛が・・・
 土曜日に、棚に頭を思い切りぶつけ、たんこぶが出てしまった。さらに日曜日に、車のドアの枠に同じところをぶつけ、月曜日の今になっても痛みが残っている。
 若い頃はそんなこと気にもしなかったけれど、年を取ると「これが原因で、もしかしたら死んでしまうかも」と頭によぎったりする。ま、ズキズキするだけで、肩や頭や痛んで目がクラクラするあのひどい低気圧のときの症状よりずっとマシ。

 明日は、お世話になっている画廊のオーナーのお父さんが亡くなったということで告別式に行きます。
by hiroafukasawa | 2008-05-26 18:24 | 雑記帳 | Comments(0)
スクエア展
 山梨県在住の美術作家を集めた「スクエア」は平面作品にこだわったグループで、毎年この時期に山梨県立美術館一般展示室で展覧会を開いている。今年で18回目。メンバーも何人か入れ替わり、現在8人。一般展示室も県民ギャラリーと名を変えた。
 私はスクエア創立時からのメンバーだが、それぞれが絵を描きつつ、展覧会に向けての作業を分担している。私の担当は印刷物。明日の夜、甲府市内の喫茶店に集まって例会をし、パンフレットに載せる絵の写真を集める。新年会以来だろうか、メンバーに会うのも楽しみだ。
 パンフレットに載せる写真をこのブログにも載せて紹介しようか。著作権がどうのとか言う人もいないだろう。
by hiroafukasawa | 2008-05-23 19:22 | 制作 | Comments(0)
義援金の行方
 新聞に週刊誌の広告が載っていて、その見出しに「ボランティア窃盗団」とか救援物資の「横流し」などの文字が踊っている。当然、中身を読んだわけではないが、さみしい気持ちになる。中国にしろミャンマーにしろ、行政の仕組みがわれわれのような国と違うので、そんな見出しもなんとなく真実味を帯びて見えてしまう。人的支援だって、さっさと受け入れていれば、もっと多くの人の命を救えただろうに。
 四川大地震に限らず、義援金とか寄附とかにたびたび思い浮かぶのは「本当に、困っている人のところにまで届くんだろうか」という心配。
 ユネスコに寄附をしたことがある。3000円だけど。すると、ユネスコからお礼が届き、さらに、定期的にさらなる寄附を求める封書が届く。封筒の中にはちょっとしゃれた紙に2色印刷されたあいさつ文、エチオピアやミャンマーやネパールの子どもたちが栄養不足や注射の1本を受けられないために命を落としている現状を伝える4色刷りのパンフレットなどなどが何枚も入っている。
 私は、3000円で世界の子どもたちが少しでも元気なればそれでいいわけで、エチオピアの現状がどんなにひどいかを細かく知りたいわけではない。なのにこの印刷物はどうだろう。この印刷物にどれだけのお金を使っているんだろう。「私の3000円、この印刷物になって帰ってきたわけじゃないだろうな」と思う。例えば、発展途上国への産業支援みたいな形で印刷を発注しているなら、それはそれで理解できる。それにしては印刷がちょっと贅沢だ、という印象はあるが。
 振り込み用紙だけ送ってくれればいいんだ。お金に余裕のあるときに寄附するから。いつになるかわからないけど。
by hiroafukasawa | 2008-05-22 20:07 | 雑記帳 | Comments(0)
絵の道具1
 油絵の道具といったらあの画箱を思い浮かべる人も多いだろう。持ち運べる小さな箱に折りたたみのパレットと、油絵の具も12色セットぐらいのが入っていて、筆とナイフと小さなペインティングオイルのビン。
 100号とかの大きな絵を描いていると、とてもそんな小さな道具では間に合わない。そういうのは野外用という位置づけになり、アトリエで使う道具は別仕様になる。
 学生の頃から、パレットはベニヤ板。ちょっと厚めで幅60〜70センチくらいに切って使う。当然手に持てないので、1980円くらいのプラスティックのキャスター付ワゴンを台にする。うっかりパレットに手をついて星一徹のごとくひっくり返すと、絵の具やら溶き油やらが飛散して大惨事になるので、ワゴンに固定する。安物のワゴンは軽いので安定が悪い。重たい溶き油のビンなどを下のカゴに入れて重心を低くする。
 これだけ広いパレットでも、一度に大量の絵の具を混ぜて色をつくるので、たちまち余白がなくなっていく。筆も、太いのから細いのまでたくさん使うのでパレットの上で邪魔になる。私は、針金を1本波形に曲げてパレット上に固定し、箸置きならぬ筆置きにしている。これだとスペースをとらずに何本も置けて転がらないので絵の具が柄についたりすることもない。
 安上がりなもんだ。
by hiroafukasawa | 2008-05-21 18:51 | 制作 | Comments(0)