人気ブログランキング |
カテゴリ:レビュー( 40 )
丸山真未展
e0137995_19211922.jpg
 
iPhoneで撮影。
 「-白雨の中で散歩-丸山真未展」3月31日まで、甲府市丸の内、ココリ南側向かい、オーガニックカフェBarSlow。今日が初日だった。
 繊細な線と必要最低限な色彩が上品な作品。丸山さんは大学の後輩にあたる女性だ。

 大学の後輩といえば、山梨大学卒業・終了作品展を山梨県立美術館県民ギャラリーA・Bで見て来た。過去に、何回かこの展覧会のことは触れているはずなので、もう書かないが、県民ギャラリーのC室で開かれていた児童画の方が良かった気がする。幼稚園児の絵はいいよねえ。

 今日は他に、甲府市貢川・画廊三彩洞で「ミニプリント展」というのを見た。たしかにミニだった。「プリント」というと、私は版画を思い浮かべたが、写真も「プリント」だった。まあ、でもいろいろなものが並べてあって、展覧会というより展示即売会というか、バザー会場というか・・・。まあ、やっている人たちは楽しそうでした。
by hiroafukasawa | 2012-03-01 19:35 | レビュー | Comments(0)
山美協と道展
 7日に甲府市の山梨県立美術館で山梨美術協会会員展を見て来た。
 9日には、甲府市東光寺のギャラリー・ハーパーズミルで「道(TAO)展」を見た。
 最近、仕事が忙しく残業が多かったというのもあるが、毎年冬は、油絵の具が乾かなくて絵を描かなくなる。絵を描かないからアトリエの暖房も使わない。アトリエが暖まらないから絵の具が乾かない、という悪循環。
 そんなことを言ってて春まで絵を描かないなんてわけにはいかないから、何か自分を奮い立たせるようなきっかけが必要になる。この二つの展覧会を見て、一昨日、昨日とアトリエに入ったわけだ。

 そういえば、また写真を撮るのを忘れてしまった。絵を見るために展覧会に行くわけで、ブログのために行くんじゃない、ということであしからず。
by hiroafukasawa | 2012-02-10 16:09 | レビュー | Comments(0)
癒しの絵画空間を求めて 伊藤仁個展
e0137995_1921509.jpg

iPhoneで撮影。

 土曜日、スクエアのメンバー、伊藤仁さんの個展を見てきた。初日だというのにあいにくの雨で、来客も少なかったようだ。写真の三面の絵が面白かった。この絵は、スクエア展にも出品したものだが、伊藤さんは、その後さらに画き足したという。サインを入れてどこかに展示しても「アトリエで見ていると描きたくなっちゃう」そうだ。エンドレスだ。

 伊藤さんの個展は27日(日)まで、甲府市貢川・画廊三彩洞。
by hiroafukasawa | 2011-11-22 19:26 | レビュー | Comments(0)
WOW
e0137995_19221223.jpg

iPhoneで撮影。

 山梨県立美術館県民ギャラリーでグループWOWの展示を見てきた。大学の後輩たちでスタートしたグループ展。だけど、残っているのは立体の二人だけで、他の5人はどういう方々かよく知らない。何回か見に行っているけれど、相変わらずイラストあり、デザインあり、立体ありのごった煮的な展示になっていて、それぞれのクオリティは高いけれど、一つの会場なのにおのおのが勝手に展示している感じ。まあ、そういうスタンスなのだろう。

 にしても、深沢勉くんの作品(上の写真)、中心の像はなぜ緑色なんだろう。白でいいんじゃないかなあ。
by hiroafukasawa | 2011-08-11 19:32 | レビュー | Comments(0)
東土会絵画展
 中央自動車道釈迦堂パーキングエリアに隣接する釈迦堂遺跡博物館で企画展「東土会絵画展」を見た。笛吹市内在住の作家による絵画サークル「東土会」の油彩・水彩・アクリル画・日本画など。普通にきれいな風景、静物画などだった。
e0137995_1913052.jpg

iPhoneで撮影

 展示室が土器などの立体物を展示できるような作りになっているので、ガラスの奥に空間があって、その奥の壁に絵が掛けられている。ショーケースのように飾られているわけで、なんか数千万円もの価値がありそうな名画の雰囲気が漂っていて、ちょっとうらやましかった。
by hiroafukasawa | 2011-07-05 19:06 | レビュー | Comments(0)
竹中むつ絵絵画教室生徒作品展
 山梨県立美術館県民ギャラリーCで開かれていた「竹中むつ絵絵画教室生徒作品展」を見た。大小様々な絵が所狭しと並んでいて、見応えがあった。生徒さんの励みにもなっていることだろう。
 なかでも、このチューリップの絵が気になった。
e0137995_19123779.jpg

iPhoneで撮影。
 申し訳ないが、題名も作者の名前も記憶してない。小学生の作品だと思ったが・・・。
 先日、スクエア展の紹介をしていただいた中野屋さんの作品も確認。次の山梨美術協会展にどんな作品を出品されるのか、楽しみだ。
by hiroafukasawa | 2011-07-04 19:17 | レビュー | Comments(7)
県内の公募展
 山梨県立美術館で「白涛会展」を見て来た。何年ぶりだろうか。案内は毎年もらっているのだが、ずっと行けないでいた。
 かつて、この会の会員だったので、大半は知っている人の作品のはず。ところが、あの人の作品がない、この人の作品もない。数年で会員が、ガラッと入れ替わるはずもなく、つまり、みんな出品していないということなのだろう。会場を2周したけれど、なんとも寂しい感じ。正直、僕がいた頃とは別の展覧会になってしまったようだ。
 それでも、数人の会員の方と話ができて、楽しかった。
by hiroafukasawa | 2011-06-02 14:17 | レビュー | Comments(1)
心ふるえる
 山梨県立美術館の県民ギャラリーでやっている「NOW HERE」という展覧会を見てきた。彫刻の作品が面白かった。

 この展覧会がどうこうというわけじゃないけど、作品で人を感動させるというのは難しいことだな、と改めて思う。足が震えるほど感動してもらわなくてもいいけど、ちょっと心が震えるぐらいの何かが伝わるような絵を描きたい。
by hiroafukasawa | 2011-05-20 16:32 | レビュー | Comments(4)
Tシャツ展
 山梨県立博物館で「北斎の冨嶽三十六景」を見てきた。ライトが暗くて、色がよく分からなかった。
 その後、前から一度行きたいと思っていた甲府市の富雪ギャラリーで「チャリティーTシャツ展」を見に行った。さまざまなクリエーターによる普通に着られるものから、笑いを取りにいったものまで、いろいろなTシャツが並んでいた。
 次回の企画は「コビトノテントテン」といって、竹の骨組みをつかって小さなテントを作るというもの。流れで、ひとつ骨組みをもらってきてしまった。なんか、カワイイものを作ってみようか。
by hiroafukasawa | 2011-05-09 18:48 | レビュー | Comments(0)
西沢武徳個展
石和絵の会
e0137995_1924731.jpg


峡北美術協会展
e0137995_19243353.jpg

 今日は昼休みを利用して、県立美術館へ。「第39回石和絵の会」と「第65回峡北美術協会展」を見てきた。石和は私の地元だが、申し訳ない、知らない作家さんばかりだった。「峡北美術」はちょっとした公募展のような雰囲気が漂っていたが、すべて会員・会友で69人もいるそうだ。こんな大所帯だったかな。
 そして、画廊・三彩洞では「西沢武徳個展」。スクエアの同人。「顔」が面白い。陶器の人物像と、ぐい飲みも売っていたが、ぐい飲みというにはちょっと大きい気がする。

西沢武徳個展
e0137995_19254168.jpg

いずれもiPhoneで撮影。
by hiroafukasawa | 2011-05-02 19:29 | レビュー | Comments(0)