人気ブログランキング |
カテゴリ:制作( 72 )
描きかけだけど
e0137995_17411492.jpg

iPhoneで撮影。
 描きかけの絵。2回塗ったくらい。
 だけど、この状態でもなんか絵になっているような感じがする。黒い線は生かして、もう少し色を整理すれば・・・。
 なんて思ったけど、もう既に描き進めてしまった。こんな風に結構大胆に色を置いて、面白いな、と思ったところを生かしつつ、描いたりつぶしたりしながら進めていく。
 油絵は、溶き油を多くした「おつゆ描き」(グラッシュとかグレーズとかいうヤツ)すると、乾くのが遅いという特性からムラなく塗ることができる。一方で、溶き油を少なくした硬めの絵の具で描く(ドライブラシとかいう)と、下に塗った色が上に塗った絵の具のカスレから垣間見えてとてもきれいに見える。どちらにしても、塗り重ねていくと色に深みが出てくる。私は、ほとんどドライブラシなので、もう描き始めのうちは、仕上がりのことなどあまり考えずに絵の具を重ねていく。この絵も、この先どう変わっていくかわからない。
by hiroafukasawa | 2013-09-25 17:55 | 制作 | Comments(0)
100円ショップのカラーサンド
e0137995_11113427.jpg

 100円ショップやホームセンターに行くと、いろいろなものが沢山あって、「何かいるものはなかったっけなあ〜」とぶらぶら歩いて、結局たいして必要でもないものまで買ってしまうんだけど、先日、インテリアカラーサンドというものを見つけた。どうも、石を細かく砕いて着色しただけのものらしいが、結構な量が入っていて、つい買ってしまった。
 油絵のマチエールづくりに、貝がらを細かくしたものを絵の具に混ぜたりする。そんな風に使えないかと思ったわけだ。「シェルマチエール」は画材店で買えばそれなりの金額なので、100円ならしめたもの。
 で、使ってみたらこうなった。
e0137995_11203835.jpg

 薄い緑色の部分。う〜ん、ちょっと粗すぎるかなあ。ちなみに、下の黄色の方はまた違ったテクニックを使ったマチエールです。
by hiroafukasawa | 2013-07-18 11:23 | 制作 | Comments(0)
搬入前
e0137995_1334245.jpg


 この土日で、130号に額をつけ、最後の一筆を足して、サインを入れ、とりあえず1枚を完成にしました。20日には、運送屋さんに渡します。もう一枚も、今日明日には仕上がるでしょう。今年は絵の具の乾いた絵を搬入できそうです。
by hiroafukasawa | 2013-04-15 13:08 | 制作 | Comments(0)
消費税増税
e0137995_1511506.jpg

iPhoneで撮影。
国画展出品に向けて制作中。
by hiroafukasawa | 2013-04-10 15:12 | 制作 | Comments(0)
油絵の小品
e0137995_16205972.jpg

iPhoneで撮影。
なんか、いろいろやってみているわけです。

 ある人から「ここが安いよ」と、カタログ通販(ネット通販ではなく)の画材販売会社を教えてもらった。確かに安い。キャンバスの木枠が特に安い。ためしに5枚セットになっているF0とSMと、200mlの絵の具を買ってみた。
 木枠は、安いけど、特に問題はなく使える。裏に号数が記されてないが、自分で書けばいい。布を自分で貼って、制作を始めた。

 というわけで、一気に描きかけの小品が10枚増えた。いま、30枚近い作品を並行して描いている。非常に楽しい。
by hiroafukasawa | 2013-04-02 16:29 | 制作 | Comments(0)
22日搬入
 案の定、遊びすぎて絵が仕上がらなくなってきた。昨日の夜に仕上げるつもりだった絵が、どうも納得がいかない。あと2回は描きたい。絵の具の乾き具合によっては、間に合わないかも知れない。やばいやばい。毎年運送屋のおじさんに、「なんで、乾いちゃいんだけ。だめじゃん」とたしなめられているが、今年も言われそうだな。
by hiroafukasawa | 2012-04-16 18:35 | 制作 | Comments(0)
技法
 技法と呼べるほどのもんじゃないけど、個展で質問が多かったので、ここで公開してしまいましょう。

e0137995_21481566.jpg

 まず、どこにでもある流しのゴミ取りネットを用意します。この、緑色のヤツがいいです。面倒なことに袋になっているので切り裂いて開きます。
e0137995_21494030.jpg

 こんな感じです。ちなみに、白いバックはF130号の(巨大な)キャンバスです。編み目が目線に対して平行(垂直)では違和感があるので、45度に傾けます。
e0137995_21513723.jpg

 こういうことです。
 絵の具を練ります。先に絵の具を用意しておいてもいいです(どうでもいいです)。溶き油は少なめに、少し固めにします。今回は黒に黄緑色を少し混ぜました。別に何色でもいいです。
e0137995_21534086.jpg

 ペインティングナイフに取って、ネットの上から塗ります。
e0137995_21544286.jpg

 右手にはカメラを持っているので、左手でナイフを持っています。ここでナイフから絵の具がたれるようではダメです。
e0137995_21555744.jpg

 塗ったところです。実は右手を使って塗りました。どうでもいいです。バックの白いのはキャンバスです。
 そして、このネットをはがすわけです。
e0137995_21572379.jpg

 こんな感じです。このネットは、目が詰まるまで何回も使えます。ネットに付いた絵の具が乾けばほかの色でも構いません。
 
e0137995_21593041.jpg

 はがした後はこういう具合になります。バックの白いのは巨大なキャンバスです(しつこい)。
 アップにすると
e0137995_2202061.jpg

 こんな感じですが、凸凹なところがわかるでしょうか?
 こうして、あのマチュエールが完成するわけです。実際には、この上に、何回も絵の具を重ねます。上に塗る絵の具の固さで、この凸凹がさらに強調されたり、平らになったりします。
 ちなみに、今回下塗りした絵の全体はこんな感じです。
e0137995_2221596.jpg

 このマチュエールも大きな絵ではあまり目立ちませんが、小さな絵ではそれなりに気になります。まあそういうときは、つぶしたり削ったりします。
 何も考えずに塗りましたが、雪山みたいになりました。でも、雪山の絵ではありません。人物を描く予定です。
by hiroafukasawa | 2011-10-25 22:12 | 制作 | Comments(0)
きれいな絵を
e0137995_1975425.jpg
EOS 5D Mark2で撮影

 個展に向け、少し絵柄を変えたせいか、今までよりも絵を描くのが楽しい。アトリエで仕事をするのがあまり苦にならない。

 いろいろと悲惨なニュースばかり飛び交う昨今なので、今までよりも「単純にきれいな絵」を描こうと思って取り組んでいる。まあ、単純にきれいなだけではないようなテーマがあるけどね。
 きれいな絵には、発色いい絵の具を使いたくなる。そして、発色のいい絵の具は、たいてい高い。さらに、額をいくつか追加しなければならない。10枚くらいかな。お金がかかるなあ。

 昨日の夜の時点でサインを入れた絵が9点。描きかけの絵が26点、うち4点はすでに個展には出さないことに決めた。手にとって描いて、筆を置いて眺めて、「あれえ、ちょっと違うなあ」ということの繰り返しで、なかなか仕上がらない。

 さて、デザインではお客様の仕事ばかりしているが、そろそろ自分の個展の案内状をデザインしなければ。
by hiroafukasawa | 2011-08-10 18:48 | 制作 | Comments(2)
音楽
 インスタレーションで、「作品(具体的に観客の前に出すもの)が展示終了と同時に消えてしまうのはどんな感じなのか聞いてみたい」とtwitterで投げかけたら、ある作家さんが、答えてくれた。ありがとうございました。
 インスタレーションは「解体するところや気持ちも含めて」「作品」ということらしい。記録には残せるけど、実像はそのまま消えていくのを「音楽に似ている」と。なるほど。またすこし、見方が変わったかも。
 美術は静的で、音楽は動的。音楽のような動的な宿命を持った美術ということなのかな。その根幹には、作家の思考と制作する行為が作品の一部であるという前提がある。作家自身の存在を意識しなければならないわけだ。うっかり拡大解釈すると「思考が作品の全て」みたいな所に陥る可能性も秘めている。
 会場の広さ、照明、壁の色、空間の感じ、作業時間、その他もろもろの条件の中で作品を作り、そして撤収する。思い通りに行かないこともあるかも知れない。

 次はもっといいものを作りたい、という思いは共通のようだ。
by hiroafukasawa | 2011-05-26 19:27 | 制作 | Comments(2)
いやし
e0137995_18273682.jpg

iPhoneで撮影。

 自分が生きている、今の時代の中の、気になる事象を絵のテーマにしてきた。
 東北大地震が来る4日前、、以前いっしょにテニスをしていた仲間たち(出席したのは私以外女性)の飲み会があって、その席でおばさまたちに「あなたの絵は暗くてダメよ」と言われた。「もっといやし系の絵を描いて欲しい」とのこと。「描こう思えば描けないこともないけれど、今のテーマの方が自分が描いていて面白い」と答えた。
 しかし、この震災で少し気が変わった。今描いている絵が仕上がったら、新しいテーマにするかも知れない。まだ固まってないけど。
by hiroafukasawa | 2011-03-16 18:28 | 制作 | Comments(2)