焼き鳥丼
先日見た夢。

かつての九龍城のようなところへ、写真を撮りに行った私。そこは暗くて狭い部屋がいくつも連なる感じの建物で、畳が敷いてあったので、もしかしたら日本かもしれない。あまりにも汚れているので、土足で畳に上がるのに何の躊躇もいらない。案内人がいるが、何を撮影するかはわからない。
部屋の中を一瞥したところで、ちょうどお昼時になったようで、案内人が「焼鳥屋が来た」とテンション高めに言う。「君も食べるといい」というので、その焼鳥屋を見てみると、手にはご飯が入った丼を一つ持ち、その上に焼き鳥がてんこ盛りになっている。変な売り方だなと思う間もなく、どこからともなく現れた人達が、その焼き鳥を1本、また1本と取っていく。「焼き鳥はばら売りなのだ」という。
私が「1本、いくらですか」と聞いても、焼鳥屋は答えない。もう一度聞いても答えない。私は、ばらではなく焼き鳥丼として食べたかったので、本数を計算しなければならない。だから1本いくらかと聞いているのに、一向に焼鳥屋は答えず、ニヤニヤしているばかり。とうとう腹が立って、大きな声で「1本、いくらなんだ、オイ」と怒鳴ると、やっとこっちを見て「私どもは、お客さんの言い値でやってます」と答えた。こっちが値段を決めろと言うのだ。見た目、そんなにいい焼き鳥じゃないし、80円、いや70円でいいか、と考えているうちにも、丼の上の焼き鳥は1本、また1本と減っていく。だから、焼き鳥がいま7本で、ごはんがだいたい100円として・・・、と計算しているうちにもまた1本減っていく。これじゃ計算が出来ないじゃないか、とイライラしているうちに、とうとう4本になったので、「もういい」と叫び、500円硬貨を渡して丼ごとぶんどった。くやしいのでお釣りをもらおうと、焼鳥屋が小銭を握りしめていた手を強引に開かせた。すると、驚くほどの硬貨がバラバラとあふれて、汚い床に散らばってしまった。
もう、全てがめんどくさくなった私は、おもむろに丼の上の焼き鳥に目を落とした。それはなんとなくブニョブニョした、色も灰色がかった、本当に鶏肉か?、いや、そもそもこれは何かの肉か? という代物がくしに刺さっていた。

タレがかかったご飯は美味しそうだった。




[PR]
# by hiroafukasawa | 2018-08-01 14:22 | 雑記帳 | Comments(0)
0430 遠回りしたら君と出会った
e0137995_18002206.jpg
「遠回りしたら君と出会った」 F3 油彩 2015年

 未発表の小品。シーンとしては、特に理由もなくなんとなく遠回りして歩いていたら、運命の人と出会ってしまった、という感じです。古キャンの上にさらにごてごてと塗って、ササッと形を取った程度。
 自分では、黒の使い方にこだわっていて、例えばこの絵の女性の肩というか、胸の前というか、意味不明の場所に黒が塗られています。私としては、この黒はここにあってしかるべきなんです。黒には、闇とか底なし穴とか悪意とか邪心とか、そんなイメージがありますが、そのままのイメージ通りの湿ったヌラヌラした色ではなく、もっと軽い乾いた感じの黒になっています。
 もちろん、画面のバランスを考えてここに塗ったということもありますが、この黒に何を託しているかというと、いいことと悪いことは表裏一体で、でも、そこまで悪いことじゃなくて、乗り越えられるくらいの悪いことで、まあ、人生にはありがちな落とし穴がどこにでもあるけど、それでも楽しく生きていきましょう、みたいな感じです。

 そう考えると、向こうから来る男性が黒いシルエットというのも、意味深になりますね。




[PR]
# by hiroafukasawa | 2018-06-13 18:17 | 作品 | Comments(0)
0446 君が後ろ手に持つ物は
e0137995_17500096.jpg
「君が後ろ手に持つ物は」 F3 油彩  2017年

 未発表の小品です。ちょっとセクシーな女性が、何かを隠し持っています。それは何でしょう。プレゼント? スマホ? それともナイフ?



 



[PR]
# by hiroafukasawa | 2018-06-13 17:53 | 作品 | Comments(0)
第28回スクエア展 19日から
第28回スクエア展
 2018年6月19日(火)から24日(日)まで
 山梨県立美術館県民ギャラリーB室 (甲府市貢川1-4-27)
 初日19日正午から、最終日24日午後4時まで

 会場内で「浅川徹個展 -来し方行く末-」を併設。

 出品メンバーはほかに、伊藤仁、榎並和春、小林宏、志村さとみ、西沢武徳、保坂公久、松岡美帆、そして私、深沢弘昭。

 入場無料。ご来場をお待ちしております。

e0137995_13010018.jpg

[PR]
# by hiroafukasawa | 2018-06-12 13:01 | 展覧会情報 | Comments(0)
0444 Forest Party 3
e0137995_11585813.jpg
「Forest Party 3」 油彩 F30 2016年

Forest Partyシリーズの第3弾。真ん中を空にして空間を作った構図。2は、木々の葉を描いたが、この作品は木の幹で囲んだ。葉と空の区別がつかない。半具象、半抽象画。確か、途中まで描いた絵の上に描いた作品で、左下の青や赤の色面は、元の絵の部分をそのまま生かしたと記憶している。




[PR]
# by hiroafukasawa | 2018-06-07 12:10 | 作品 | Comments(0)
Forest Party 2
e0137995_17173778.jpg
「Forest Party 2」 油彩  F12 2016年

 森の中で下から空を見あげた構図。まず、何も描かない空間を作ろう、というところからスタートして、真ん中に空を持って来たわけだが、何も描かないはずが、結局何か描かれている様な感じになってしまっている。失敗作というわけではないが、2018年6月現在、未発表の作品。




[PR]
# by hiroafukasawa | 2018-06-05 17:27 | 作品 | Comments(0)
第28回スクエア展
 今年もスクエア展の季節になりました。

 第28回スクエア展
 2018年6月19日(火)から24日(日)まで
 山梨県立美術館県民ギャラリーB室 (甲府市貢川1-4-27)
 初日19日正午から、最終日24日午後4時まで

 会場内でメンバーの個展を併設します。
 今年は「浅川徹個展 -来し方行く末-」。

 出品メンバーはほかに、伊藤仁、榎並和春、小林宏、志村さとみ、西沢武徳、保坂公久、松岡美帆、そして私、深沢弘昭。

 入場無料。ご来場をお待ちしております。

e0137995_10132459.jpg

[PR]
# by hiroafukasawa | 2018-05-17 10:16 | 展覧会情報 | Comments(0)
らくがき
 藤原宮や平城宮で出土した、1300年くらい前の木簡の中には、役人たちの落書きが残っているそうだ。(例えばこんなサイトを参照)。木簡の切れ端に上司とか同僚の顔を描いたりしていて、これが妙にいい感じだったりする。

 子供の頃はマンガを書くのが趣味で、絵の勉強を始めたのも、マンガが上手に描けるようにとの思いからだった。高校生になって油絵を描き始めて、油絵の方が面白くなって、まあ、現実問題として漫画家になるなんて夢を追っていてもしょうがないと思ってきて、それでも油絵は描き続けて40年になった。
 近年、作品を描くに当たって、自分の中に何があるのかと探索するに、若い頃に嬉々としてマンガを描いていた事実を掘り起こし、油絵とマンガの融合というか、油絵にマンガの手法を取り入れるなどしてきた。そうすることで肩の力を抜いて描くことが少しずつ出来てきた気がするが、さらに「マンガもいいけど、いっそ、落書きでいいよね」みたいな気になってきた。

 ずっと、上手いとかキレイとかより、面白い絵を作ろうとしてきた。私が面白いと思うものを、他の人が面白いと思ってくれるかどうかは分からないけれど、まず自分が面白いと思えるものを作れるというのが美術の醍醐味なので、画業(?)50年に向けて、少しずつ進んでいこうと思う。



 


[PR]
# by hiroafukasawa | 2018-04-23 16:00 | 雑記帳 | Comments(0)
知らないおじさんからバナナをもらった
先日、少し暖かくなってきたので体を動かそうと、近くの川に架かる橋の橋桁を使ってテニスの壁打ちを一人でやっていた。3時頃、のどが渇いたので自販機まで歩いていき、橋の下に戻ってくると、他県ナンバーのクルマが、壁の前に横付けしていた。そして、おじさんが一人、なにやら荷物をいくつもベンチの上に並べている。別のベンチには、ラケットやらボールやら、私の荷物が置いてある。おじさんもそれを見ているはずだが。
「あの、私、ここで壁打ちをやっていたんですけど」というと、
「ああ、そうですか。ちょっと昼ごはんを食べる間、いいですか」という答え。
「あ、ええ、いいですよ。私も休憩しますから」といって、買ってきたスポーツドリンクを飲み始めた。ところがおじさんは、なにやら不思議な機器とカセットボンベを荷物から出して組み立てはじめた。「はあ?」と思う私。昼ご飯というから、コンビニ弁当とかおにぎりだと思ったら、バーナー出して煮炊きかよ!! 荷物から出した鍋に水を注ぐおじさん。もしかして、ものすごく時間がかかるかもと思った私は、思わず「な、何を作るんですか?」と尋ねる。すると、「ラーメンです」という。
そうか、インスタントラーメンか。見ていると5つ入りくらいのラーメンの袋が出てきた。あれだな、奥さんが素晴らしくて、料理は必ず手作りで、インスタントラーメンが食卓に上るなんて有り得ない家庭の旦那なんだな。でも、このおじさんは西島秀俊とは対極の見た目だ。残念だ。しかも、よく見たら「マルちゃん正麺」だった。
ラーメンが出来上がるまで、住まいは他県だが奥さんの実家が山梨であること、キャンプが好きで奥さんの目を盗んでは出かけ、一人でこうした時間を楽しんでいること、当てもなくドライブしていて偶然この場所を見つけ何度も利用していること、カメラが趣味で、他にもボランティアやらなにやら色々なことをやっていて時間がないこと、などなど、問わず語りに話すおじさん。途中、車を壁の前からどかしてくれたが、すぐ横でラーメンを食ってる人がいるのに、壁打ちが出来るだろうか。
おじさんは、ラーメンと、スーパーで買ってきたであろう単品のトンかつとおいなりさんを平らげ、
「もうすぐ定年退職で、いまから楽しみなんですよ」と言うので、
「趣味がなくて、定年後に何をしていいかわからない人が多いそうですよ」と言うと
「そんなのあり得ませんね」と胸を張った。
最後に、邪魔をしたおわびのつもりか、バナナを1本くれた。
「コーヒーを湧かしてごちそうしたかったんだけど、豆を忘れたようで・・・」

おじさんが去った後、30分ぐらい壁打ちをしたら、もう夕方で、寒くなってバナナを手に家に帰った。


 


[PR]
# by hiroafukasawa | 2018-02-28 19:09 | 雑記帳 | Comments(0)
画き足す?・・・やめる?
 小品をまとめて描いているが、初めは何も考えず、絵の具を重ねて下地を作っている。ある程度絵の具が盛れたところで、絵を作っていくのだが、その途中で筆を入れられなく絵がたまにある。「これは、もうこのままでいいんじゃないか」と思ってしまうわけだ。別の言い方をすると「これに手を加えたら、返って悪くなるんじゃないか」という感覚だ。
 絵を仕上げる時もそうだ。絵には「ここで完成」という区切りがないから、いつまでも描き足し続けられる。絵を完成させるきっかけは、「もう発表まで時間がないから」というのが多いけれど、「ここまで描けば十分だろう」という場合もある。そして、「工程的にはまだ描きかけだけど、これ以上描き足しても、今のこの面白さが損なわれるだけかも」と感じる場合もある。最近はそう感じたら、多少不完全燃焼でもそこでサインを入れる勇気がついた。
 そんな、迷う絵をいくつか。
e0137995_18275567.jpeg

e0137995_18290111.jpeg
e0137995_18295646.jpeg
e0137995_18304073.jpeg
e0137995_18311157.jpeg


e0137995_18312133.jpeg

 さあ、どうしようか。描き足す? やめる?




 

[PR]
# by hiroafukasawa | 2017-12-01 18:35 | 制作 | Comments(0)