人気ブログランキング |
2013年 03月 04日 ( 1 )
アーティスト
 私は、絵で食っているわけではないので、「画家」と名乗ることはできませんし、ましてや「アーティスト」と名乗るなど考えてもいませんが、世の中の人はそうでもないようです。「アーティスト」と称することで自分に特別な付加価値が付くことを期待している、そんな作家が結構いるようです。なので、自称アーティストには胡散臭さを感じてしまうのです。大野 左紀子著「アーティスト症候群-アートと職人、クリエイターと芸能人」(河出文庫)は、そんなモヤモヤを的確に分析・解説してくれています。
 で、この本を読み終えてすぐ、そんな「アーティスト」の一人が私の身近で「ご活躍」なのを知り、ちょっとショックを受けました。その画家のオフィシャルサイトも見ましたが、ツッコミどころ満載です。「どうしてこんな人が・・・」と思わざるを得ません。
 で、で、そんな鬱屈した気持ちのまま深夜のテレビを見ていたら、「新発見アートバラエティー アーホ!」という番組がやっていて、出てくる出てくる、「○○アーティスト」と呼ばれる現代美術作家の面々。多くは番組側がつけた呼び名だと思いますが、「アーティスト」としてテレビに出ることになんの違和感もないようです。

 ここ2、3日の短い間に「アーティスト」つながりでいろいろと考えさせられました。
 私は自称「美術作家」です。
by hiroafukasawa | 2013-03-04 18:33 | 雑記帳 | Comments(5)