人気ブログランキング |
2012年 11月 01日 ( 1 )
草間弥生展
e0137995_12344093.jpg

 松本市立美術館で開催中の「草間彌生展」を見て来ました。松本市立美術館なんて初めて行ったけど、それほど大きくはなくて、駐車場も狭いけど、市立ということを考えると、なかなかすごい。
 草間彌生さん(会場では「さん」になっていた。「先生」ではない)の作品は、2005年から最新作(無名の頃の作品が少しあった)まで、大作ばかりが150点以上展示され、この展示のために作られた上の写真のような「部屋」が6、7部屋あった(パンフレットが手元にないので数はあやふや)。
 御年83歳。天才となんとかは紙一重というけれど、まさにこの人のことかな。ニューヨークでは精神病院からアトリエに通っているとか。たしかにその作品はすごかった。
e0137995_12482987.jpg

 作品もさることながら、美術館がこの展覧会にかける意気込みがまたすごい。展示場をいくつもの複雑な壁で区切り、ドアをつけ、暗室にし、鏡張りにし、床から天井まで水玉にして、さらには美術館の外壁や、自動販売機やベンチまで。
e0137995_12512323.jpg

 草間彌生というビッグネームならでこそ、というところなのか。会社を休んで、二日酔いの体にむち打っていった甲斐があった。4日(日)まで開催中。展覧会場の一部は写真撮影可になっていて、みんな記念撮影をしていた。絵画作品は撮影不可だった。
by hiroafukasawa | 2012-11-01 15:08 | レビュー | Comments(0)