人気ブログランキング |
カップ焼きそば
 iPhoneにカップ焼きそばの湯切りをシミュレーションするアプリケーションがある。中身をこぼさないように、いかに早く湯を切るかを競う。もちろん本物のお湯は使わないので、やけどの心配はない。
 先日、テレビを見ていたら、北海道限定のカップ焼きそばがあるらしい。その発想がすばらしい。スープの素が付いていて、麺を戻したお湯を捨てないで、スープの素を入れたカップの中に湯切りする。焼きそばとスープが楽しめて、お湯の無駄がない。すばらしい。何で全国に広まらないのかふしぎだ。
 そんなことを考えながらも、今日も残業で深夜0時。夜食の時間だ。確かに、30代くらいまでは本当におなかがすいて、何かしら食べずにはいられなかったが、いまでは夜の12時を過ぎてカップ麺を食べる気にはなれない。
by hiroafukasawa | 2009-03-24 23:56 | テレビの話題 | Comments(0)
<< 通勤路の桜 木蓮が咲いた >>