人気ブログランキング |
生物は遺伝子の器2
 人間の話。男と女のどちらが優秀か? と聞かれたら迷わず「女」と答える。

 最近のテレビのニュースで、たしかサメの仲間だったと思うが、雌しかいない環境で、つまり雄の遺伝子無しで子供が生まれた、という話があった。人間も、「女だけで子供をつくれる可能性がある」なんて説もあるらしい。私にも言えることは「男だけでは絶対に子供はつくれない」ということ。まちがいない(強引に子宮を移植して男の中に女性の環境を作っちゃうとかいうサイボーグ的なことはなしだよ)。
 もう一つ、テレビで得た知識。「なぜ、男に乳首があるのか」という素朴な疑問がある。その答えは「人間の設計図の元が女だから」なのだそうだ。男の遺伝子は、女の遺伝子を基本につくられているわけで、おまけみたいなものなのだ。
 アンコウの仲間で、雄は大きな雌の体に張り付いて生きていくという種類がいるらしい。雌の体から直接養分を吸い取り、その小さな体の中身はほとんど生殖器だという。「男」というものの究極の姿かも知れない。

 人間は一つの生き物だと思いがちだが、実は遺伝子を伝えるための戦略が男と女では大きく違う。その違いは男と女の思考や行動にも表れるはずだ。恋する若者たちががよく言う「女の気持ちが理解できない」とか「彼の行動が許せない」とかいうやつだ。

 この話、長くなるのでまた今度。
by hiroafukasawa | 2009-03-10 23:12 | 雑記帳 | Comments(0)
<< 生物は遺伝子の器3 ミスの話 >>