人気ブログランキング |
観光温泉ホテルの広告を作ってもらった
 今年入った新人に、観光温泉ホテルの広告をやってもらった。忘新年会用のPRだ。内容は、すでに出来上がっているチラシをもとに写真の優先順位をつけたり、諸々材料の扱い方を指示したもの。
 私は、そのホテルの広告を過去に見ていたので、白を基調にしたおしゃれで整然としたものをイメージしていた。チラシと一緒に参考として渡されたパンフレットも、そんなイメージできれいに作られていた。
 で、新人君が作り出したのは、ディスカウントショップみたいなイメージの広告だった。たしかに原稿には、「お得なプラン ○名様で○○○○円」みたいな宣伝文句が並んでいるのだが、あまりに品がない。色も、黄色、赤、緑と、おしゃれなイメージとはちょっと違う。
 写真の優先順位も、「料理の写真2点はぜひ入れる」というのを、「2点を入れて同列に扱う」と解釈してしまったようで、2点を同じ大きさで並べてしまった。
 まだ途中だったので、「パンフとかホームページとかを見て、お客さんがアピールしているイメージをくみ取ってデザインしないと、的はずれなものになってしまう」「写真は1点をメインに決め大きく扱わないとアイキャッチにならない」などなど指摘してやり直してもらった。
 自分が持っている「忘・新年会の広告」のイメージだけを優先して、お客さんが打ち出しているイメージを読みとることが出来なかったという失敗。まあ、最初はこんなもんだろうか。ただし、2回、3回と同じ失敗を繰り返さないようにしてもらいたいものだ。
by hiroafukasawa | 2008-10-27 14:20 | デザイン | Comments(0)
<< 田舎の軽トラック マイコプラズマ追記 >>