人気ブログランキング |
スーパーカブも50歳
 今年、ホンダのスーパーカブが50周年を迎えたそうである。

 スーパーカブといえば、大学の先輩が乗っていた、長低燃費の原付バイクだ。その先輩は、雨の日も風の日も、時には雪の日だってスーパーカブに乗って職場に通っていた。その通勤も半端な距離じゃない。片道20キロはあったんじゃないだろうか。
 画家を志すその先輩は、貧乏だったけれど「カブでは絵が運べない」ということで、ついに自動車を買った。屋根がついている自動車で乗っている人は濡れないのだ。荷台も広い。その名も「スバル サンバー」。ところがこれがオンボロで、たしか、車の値段より車検代の方が高いとかいう代物だ。軽快なラテンのリズムを思わせるのはその焼き玉エンジンのようなエンジン音だけで、いつ動かなくなるかわからないような車だった。記憶が定かではないが、もしかしたら排気量も360CCだったかも知れない。末期にはマフラーから排気ガスと一緒に水を出していた。「物が燃えると二酸化炭素と水が生成される」とかいう生やさしい物ではなく、ラジエターの水をそのままケツから出しているわけで、荷台に水を入れたペットボトルを常備し、つぎ足しつぎ足しして走るのだ。
 今では信じられないような話だ・・・。
 
by hiroafukasawa | 2008-07-19 18:34 | 若草荘物語 | Comments(2)
Commented by ある先輩 at 2008-07-19 22:01 x
 そうです。あれは360ccでした。今読むと笑いますねぇ。まったくあれでよく東京に絵を運んだものです。いつぞや高速の途中でついに後ろから白い煙を吐くに至って、いよいよダメかと思われたが、それでもよたよたとダマシダマシ田舎道を帰って来た記憶がある。一緒に行ったのは貴方ではなかったか?

 東京搬入編では色々ありましたね。朝早く軽快にお嬢さんが自転車で私達の車を追い抜いていった。ところがスカートが絡まって、間が悪い事にゴムの入ったスカートでね、半分お尻が見えてころんで止まった。パッと後ろを振り向いて私達をにらんだ。むろん知らない振りして通り過ぎたけれど。あの時運転していたのは貴方でしたよね?。

 しかし、漫画だね。
Commented by hiroafukasawa at 2008-07-21 13:59
あのときの車はサンバーではなかったですよね。首都高の凸凹に共振してハンドルがロックしてしまったあの車です。あの時も肝を冷やしました。
あのお嬢さんですが、パンツが丸見えでしたから「半分」なんてもんじゃなかったと思います。パンツ見せた上に転んで、いわゆる「ささらほーさら」というやつです。
<< 今日も仕事 text text text >>