人気ブログランキング |
頭でわかっていても
 ブログ(ホームページ)は、いつ、どこの誰が訪れるかわからない。そんなことは頭ではわかっているのだが、実際、自分が記事を書いてアップして、それが世界中に晒されているのだということを実感することは、またちょっと次元が違う。意識することと実感することは違う。泥棒に入られて初めて家中の戸締まりを気にするようになった、みたいな。
 記事に登場する人物と私との関係だけなら、さほど問題のないことでも、例えばクライアントやら株主やらが見たりすれば、「きみんとこの会社のなんたらとかいうヤツが、社内のことをああだこうだとブログに書いてるが、大丈夫かね・・・」とかいう茶飲み話的事態から、「おたくは信用できないので取引をやめさせていただきます」みたいなとんでもない事態まで、全く起きないということはない。日に10人程度の、それもそのカウントのほとんどが私自身であるというこのブログでさえもその可能性は0ではない。

 そんなこと考えていったらきりがない。何も書けないじゃん、とも思うが。
 展覧会のレビューなんかも、自分の感想をきちんと書いていこうと思っていたが、なかなかそうも行かないものなんだろうか。

 ブログって日記のように自由に書き込めると思っていたが、そうでもないということを「実感」した。
by hiroafukasawa | 2008-07-14 19:26 | 雑記帳 | Comments(0)
<< 身障者用駐車場 山梨美術協会展 >>