人気ブログランキング |
消費行動もくじける
 消費者が環境にいい商品、人体に有害にならない商品を選ぶ。それによって、リスクはあるが良い製品を作ろうとしている中小メーカーを助け、また、大手メーカーの意識を変えていく。そんな時代が来ている。
 とはいうものの、これだけガソリンが高くなり、食品も高くなれば、背に腹は代えられなくなってくる。
 「大地の会」という食品の宅配を頼んでいるが、やはり高い。
 フェアトレードといって、発展途上国の産業を支援するために、ちゃんとした利益が出るような値段で買い上げ、日本に持ってきて売るというのがあって、かつて東南アジアなどでつくられたTシャツなどいろいろ買っていたのだが、やはり高いのでやめてしまった。カタログも安そうな紙で、モデルもボランティアだという話だったが、それなりに厚い冊子なので、デザイン・レイアウト・印刷代は安くはないだろう。儲かってはいないだろうが、軌道に乗ってはいるのだろう。「大地の会」の方も、うちが1軒抜けたくらいではびくともしないくらいの余力はあるらしい。
 ただ、自分の気持ちとして、何だか残念だ。「貧しさに負けた〜」という感じ。お金に余裕がなくなると、「他人のためより、とりあえず自分(と家族)のために」という意識になってしまうのがさみしい。
by hiroafukasawa | 2008-06-10 20:12 | 雑記帳 | Comments(0)
<< スクエア展の作品 スクエア展の作品 >>