人気ブログランキング |
油彩画とマンガ
 油彩画の制作の話だが、今から描きたい絵として頭の中にあるのは、色彩の美しさに重点をおいた半抽象の風景画。「S字に曲がった山道」をモチーフにエスキースを作っている。
 ただ、どうしても頭から離れないもう一つのテーマがある。それは「マンガ」。結局、自分のバックボーンにある「絵の世界」というの「マンガ」なんだ。漫画が文化として認められてきたという時代背景も手伝って、そう言い切ることに抵抗がなくなってきた。そんなわけで「マンガみたいな油絵を描きたい」という気持ちはここ数年ずっと持ち続けている。
 「マンガをアートにした」といえば村上なんとかさんとか奈良なんとかさんが有名だけれど、ああいうものとはまた違ったイメージの絵が頭にあるのだが、なかなか描けない。たぶん、やり始めても駄作ばかりで10年とか20年は続けないとまともな絵にならないんじゃないか、いや30年、40年かけても結局ものにならないじゃないかという気がする。というかそういう確信めいたものがある。なのでちょっと怖い。「時間の無駄じゃないか」と思い出すと、一歩踏み出せない。この手の絵では、自分の中に「どうしても表現したい」という強い何かがないと絵として成立しないということが薄々私にもわかっているから。でもやってみたい。
by hiroafukasawa | 2008-05-20 20:23 | 制作 | Comments(0)
<< 新聞紙面の変な記事 燈屋さんで歓送迎会 >>