人気ブログランキング |
ハザードランプ
 甲府は盆地なので空気がよどんで霞というか、もやがたまって遠くまでスキッと見晴らせることはあまりない。しかし、冬から春、八ヶ岳颪(おろし)や春一番などの強い風が吹くと富士山や南アルプスがよく見える。今日も雪化粧した甲斐駒がきれいに見えた。
 そんな山梨県だけど、どうしてドライバーは信号待ちでウインカーを出さないのだろう。教習所で習わなかかったのか? 信号が青になって、動き出してから初めてウインカーを出すから、右折なのか左折なのか、直進なのかわからない。右折車線に並んでいる車もウインカーを出さないから、「もしかして間違って直進してくるかも」と不安になることもある。たまに、左折車線と右折&直進車線に分かれている交差点がある。直進するかと思いきや、交差点の真ん中まで来ていきなり右にウインカーを出すから、後ろでうっかり走っているとびっくりする。
 ハザードランプを、「道を譲ってくれてありがとう」のサインに使うのが流行っている。でも、本来の使い方ではないことはみなさんご承知の通り。しかし、「お礼にハザードを点滅させるのがマナー」と勘違いしている人も多いようだ。クラクションを鳴らして挨拶するというのもある。これは、目の不自由な人にとっては脅威であるし、渋滞の多いそういう交差点の脇に住んでいる人にとってはいい迷惑だ。
 どちらにしても、自分一人(自分の車一台)が道路を使っているわけではないので、ルールは守って欲しいし、ハザードもクラクションも本来の使い方以外は使わない方がいいと思う。挨拶は頭を下げるか手をあげる。それで充分でしょう。
by hiroafukasawa | 2008-02-28 13:11 | 運転マナー | Comments(0)
<< COMBAT!その2 昔のゲーム COMBAT! その1 >>