人気ブログランキング |
バルール 2
 バルールについて説明するのは難しいのだが、とりあえず「バルール=明度」ではない。同じ色でも、筆で塗った場合と、ナイフで塗った場合、溶き油の多い少ない(下の色が透けたり透けなかったり)でバルールは変わる。
 で、さらに難しくするのは絵画の表現として「バルールを合わせる」のが良いという場合と「バルールの差をつける」のが良いという場合があることだ。「バルールに差をつければ、遠近感が出る」(空気遠近法みたいなこと)というわけだが、そうして出来上がった絵は、古典的な絵になる。
 現代では「バルールを合わせて画面を作る」のが主流だ。「バルールが同じ絵は平板になる」という落とし穴のもあるが、実は「バルールが合っていても空間は表現できる」のだ。そして、ちゃんと力のある画家は写実でも抽象画でも、しっかりバルールを合わせて描いているのだ。
by hiroafukasawa | 2013-07-16 18:27 | バルール | Comments(0)
<< 100円ショップのカラーサンド 展示してよく見てみたらバルール... >>