個展作品6
つづき。

e0137995_2025231.jpg

「崖の道」 F0 油彩 2011年

e0137995_20255772.jpg

「崖の道」 SM 油彩 2011年

 崖にある、足を踏み外せば谷底へ落ちてしまいそうな狭い道。そんな不安感を隠しテーマにした。黄色の絵には、小さな黒い人物が描かれている。

 今回の出品作の何点かに、小さな人物が添えられているが、見に来た方に「ここに人がいるんですよ」と教えると、他の絵のなかにも人物が描かれているんじゃないかと探し始めてしまう。「全部の絵に隠れているわけじゃないんです。ウォーリーじゃないんだから」。まあ、そうして一所懸命見てくれるとうれしいですが。

 ちなみに、額をつけて画廊まで持って行ったけれど飾らなかった作品がこの作品。
e0137995_20342918.jpg

「花束」 F4 油彩 2011年

 会場に並べた一連の作品のなかで見ると、ちょっと違うかな、と思ってやめた。また、何かの機会があったら展示してみたい。

 それと、先日の笛吹市文化祭(一宮体育館で展示)に出品したのは下の作品。
e0137995_20383142.jpg

「森の奥」 F6 油彩 2011年

 比較的「わかりやすい」絵じゃないかな、と勝手に思って笛吹市の方に回した。展示は体育館の中を区切るようにして立てられた、一番端の衝立の、照明が当たらない方の面で、暗くて見づらかった。この展示の仕方にはどうも納得がいかない。多目的アリーナの件もあるし、後日改めて描こうと思う。
[PR]
by hiroafukasawa | 2011-11-29 20:45 | 作品 | Comments(0)
<< 多忙 植松茂美個展 >>