人気ブログランキング |
プロフェッショナル
 昨日、NHKの「プロフェッショナル 仕事の流儀」を見た。グラフィックデザイナーの佐藤卓さんが登場した。いま、NHKのHPを見ながら、おさらいをしている。
 ・商品の本質を前面に出すことが必要で、デザイナーは見えなくていい。
 ・クライアントからのだめ出しも受け入れ、さらにそれを超えるデザインを求める。
 ・依頼された内容以上のものを提案する。
 ・「がんばる」と言わず、さりげなく仕事する。がんばるとか一生懸命とかは当たり前だから。
 ・デザインの中に、物語を入れる。おもしろい仕掛けがあることで、口コミが広がる。
などなど、たいへん共感できる内容だった。もちろん、仕事の内容もクライアントの大きさも、私とは天と地ほどの差があるので、「共感」というとおこがましいかな。

 で、このNHKのHPには、「放送されなかった流儀」というのがあって、その内容が「“引き出し”で仕事をしない」。つまり、コツを持たず、前例に頼らず、似たような仕事でも必ずゼロから考える、というもの。
 これだよね。これがなかなか真似できないんだよ。むしろ私なんか、「どれだけたくさんの引き出しを持っているかが、デザイナーの力量の差だ」ぐらいに思っていたりする。「前例にのっとって『こんな感じだろう』という気持ちで仕事をすると、必ず失敗し、そのデザインはすぐに世の中から消えてしまう」と。・・・たいへん勉強になった。
 何で、ここを放送しなかったんだろう? NHK。 
by hiroafukasawa | 2010-11-30 20:03 | テレビの話題 | Comments(0)
<< コミュニケーション能力 12月も近付き >>