人気ブログランキング |
車にベル
 前にも書いたが、自動車のクラクションやハザードランプを、本来の使い方ではなくマナーとしての合図として使うのはどうか、という話。道を譲ってもらったときにプッとクラクションを鳴らしたり、緊急停止の合図であるハザードをつけるのは、目の不自由な人をビックリさせたり、誤解を招くのでやめた方がいいと思う。
 じゃあ、どうしたらよいかというと、簡単なことで、クラクションではなく、もっとやさしい音の出るものをつければいいのだ。自転車のベルみたいなヤツ。
 今朝、通勤路の狭い道で、中学生が二列で歩いていて、後ろの車が追い抜けずにクラクションを鳴らしていた。渋滞になるので、これはどかした方がよいのだが、こんな時でもクラクションよりベルのような音が出せたらいいと思うのだ。
 道を譲ってくれた後ろのドライバーに、「入れてくれてありがとう」と伝えるのは、ハザードではなく違うサインが出せればいいな。電光掲示板みたいな。
 たいした手間でも費用でもないと思うので、自動車の標準装備にしたらいい、と思う。
by hiroafukasawa | 2010-11-15 19:01 | 運転マナー | Comments(0)
<< 犬を思いやる 第六感 >>