人気ブログランキング |
現代美術
 今ちょっとググったんだけど、それらしきものが当たらない。前衛美術の作家で、小さな島を丸ごとオレンジのシートで覆ってしまうというプロジェクトをやった人がいるんだが、名前がわからない。
 その人の画集(といってもプロセスを写した写真だが)を見た(東京の有名書店で立ち読みした)のが私が就職して間もない頃だったような気がするから、30年〜40年前に活躍した人だと思う。もちろん日本人じゃない。シートで覆われた島も、日本の島じゃない。ハワイ諸島とか、とにかく南海の孤島だと思う。

 そんなプロジェクトを実行できたということは、その人がそれなりに権威のある美術作家だったということで、そのプロセスが画集として出版されていることがその証左ではある(グーグルには引っかからないけど)。

 小島をシートで覆い、そしてその後、すぐに撤去し元に戻す。作品としては、それを空撮した写真だけが残っていて画集として出版されたが、それ以外にカタチとして残るものは何もない。真っ青な海に浮かぶオレンジ色の島の写真はそれなりに不思議な美しさがあったが、それは記録であって作品自体ではない。

 じゃあ、この場合、何がこの作家の作品と呼べるのかといえば、島をシートで覆うという行為そのものであって、もっといえば「島をオレンジにしちゃえ」という発想そのものがアートなのだ。
発想そのものがアートだとする考え方は「コンセプチュアル・アート」といって、今の現代美術にもつながっている。
 コンセプトのみが重要だとすれば、作品自体も作品を作る過程もどうでもいいものになってしまう。ところが、われわれはそうして出来上がったものを「作品」として見せられているのだから、訳がわからなくて当然だ。
 むしろ、作家のコンセプトなんて無視して、自分自身がその作品を前にして、あるいはその空間の中に身を置いて、どう感じるかが面白いところだと思う。寝転んでみたら面白そう、とか、ここで踊ってみたら楽しそう、とか。逆に、例えば私がそこで何も感じなければ、その作品は私にとってなんの意味もないことなる。つまり「駄作」ということだな。
by hiroafukasawa | 2009-10-12 18:30 | 雑記帳 | Comments(2)
Commented by はる at 2009-10-13 01:26 x
 こんばんは。クリストだと思いまっせ。
Commented by hiroafukasawa at 2009-10-13 23:38
 ありがとうございます。多分そうだと思います。ただ、私が記憶している写真がネット検索で出てきません。記憶違いか、それとも夢を見ていたのか・・・。あれは現実ではなかったのか・・・。
<< 安心・安全 最近の仕事・チラシ >>