人気ブログランキング |
100円玉
 先月と今月、「100円玉のイラスト」で検索してくる人が増えた。7月16日の記事。このイラスト、役に立っているのだろうか。クオリティとしてはそれほど高くないけれど、タダなら文句も言えないか、というところだろうか。
 「タダにするな」というおとがめもない一方、「Illustratorのデータで欲しい」とか「500円玉も作れ」という催促もない。アクセスはあるのに、反応が返ってこないのは、やはり寂しいものがある。
 そうそう、100円玉のイラストは、コピーして使ってよいといったが、他の画像等はその限りではない。一応断っておく。

 さて、今週もまたハードワーク。思えば10年くらい前までは、スタッフが一人多かった。年々人件費が上がる一方で、年々仕事(デザイン)の利益が減ってきたので、ある年から一人少ない態勢でこなしているのだ。例えば、かつては印刷費の2倍のデザイン料をとっていたのが、今は同額かそれ以下になってしまった。山梨県も市町村合併が進み、仕事自体が少なくなっている。
 今後景気がものすごくよくなったとしても、低くなってしまったデザイン料の相場は、なかなか上げることはできないだろう。デザイナーも印刷屋も仕事をとるためにデザイン料や印刷料を削って安い見積りを出してきた。採用されなければもちろんがっかりだが、取れても手放しで喜べないケースもある。それでも価格競争は続く。
 それでもデザインは、地元のデザイナーを使うしかない状況があるのでまだいい。東京の大きな印刷屋は、ネットを使って全国から受注して大量に印刷してコストを抑え、低価格を実現している。印刷業界では、距離と時間の隔たりがなくなり、地元も東京もなくなってきている。印刷自体のクオリティが同じなら、地方の印刷屋ではケンカにならない。たいへんだ。
by hiroafukasawa | 2009-09-15 23:16 | フリーイラスト | Comments(0)
<< 軽に大人5人 木曜日に >>