人気ブログランキング |
自己管理
 何度となく書いているが、グラフィックデザインという仕事柄、一日中Macに向かって仕事をしていると、肩は凝り、おしりは痛くなり、最近ではドライアイがひどくなってきた。眼科の先生は「10分に一度は画面から目を移して休めなさい」といい、整体の先生は「10分に一度は立ち上がってストレッチをしなさい」という。仕事に集中してしまうと30分、1時間はあっという間で、10分に一度の休憩がなかなか出来ない。ましてや10分に一度ストレッチをやっていたら「あいつは仕事やる気があるのか」と疑われてしまう。
 ということで思いついたのが、「10分に一度アラームが鳴る時計があればいい」。アラームを止めるために確実に画面から目を移すので、とりあえずドライアイには効果があるはず。
 そんな時計が売っているのだろうか? と疑問になったが、「いや、なんかしらソフトならそんな風なものがあるんじゃないの? しかもフリーウェアで」、ということでネット上で探したら、いくつかアラームのアプリケーションがあった。手に入れたのは「SimpleAlarmX.app」。XはMac OSX用ということだな。アラームのプリセットが10あって、時間が設定できるが、それよりも15分おきに「時報読み上げ」をやってくれる。「nine fifteen」とかMacが言うので、その都度目を休めたり、背筋を伸ばしたりするわけだ。10分おきが15分おきになってしまったが、体の自己管理としては、お金をかけずに効果的かと。
 そのうち、休憩に特化したアラームが開発されるだろう。誰か早く作ってくれ。


追記 15分おきの「時報読み上げ」は、Macの「システム環境設定」の「日付と時刻」の中に、元々設定できるようになっていた。「確か、読み上げてくれる声の設定を変えられたよな」と探したら、一緒にあった。なあんだ。「SimpleAlarm」の存在価値が一気に薄れたなあ。
by hiroafukasawa | 2009-08-04 21:45 | 雑記帳 | Comments(0)
<< 「政権交代」ではなくて・・・? ピップも効かない >>