星空



「星空1」F3 油彩 (2004年)
[PR]
# by hiroafukasawa | 2008-02-19 13:15 | 作品 | Comments(0)
グラフィック・デザイナー募集
 うちの会社でグラフィック・デザイナーを募集している。欠員の補充。上司の判断で、募集広告は打たず、「コネで探せ」とのこと。ところが、これがなかなか集まらない。

 「憧れのグラフィック・デザイナー」とか「かっこいいカタカナ職業」とかいうけど、私自身、グラフィックデザイナーがそんなにすごいとは思っていない。東京のことは知らないけれど、私が住む山梨では、グラフィック・デザインといっても仕事自体は大したことはない。なにやらものすごく”いい値段”で仕事している人も何人かいるようだが、多くは安い賃金でチラシを作ったり、雑誌の広告を作ったり、機械的に組み立てていけばそれなりにできてしまうようなものをこなしていく。クライアントが作った原稿があって、それに沿って、印刷ができるデータに作り直すだけ。
 東京で仕事していた知り合いのデザイナーさんは、自分の会社のデザイナーの作ったものを「山梨レベル」か「東京でも通用する」で評価するそうな。この場合の「山梨レベル」というのは「地方レベル」という意味で「特別レベルが低い山梨のレベル」という意味ではないと思うけど。
 具体的にどういうのが「東京でも通用するレベル」なのか私には言えないけれど、クライアントの原稿通りに作っているようではダメ。原稿をよく見て、よりわかりやすく、よりよく伝わる、より美しいデザインを考えて、提案できるようにならなければ「デザイナー」という肩書きはつけられない。
 私自身は、「グラフィック・デザイナー」なんてカタカナの肩書きをつけるのは恥ずかしくて、名刺にも入れていない。だけど、世間ではやっぱり憧れの職業のようだ。なのに、応募がない。
[PR]
# by hiroafukasawa | 2008-02-19 10:30 | デザイン | Comments(0)
携帯電話からの投稿
e0137995_1025117.jpg

携帯電話からも投稿できました。
[PR]
# by hiroafukasawa | 2008-02-19 10:25 | 雑記帳 | Comments(0)