<   2016年 02月 ( 1 )   > この月の画像一覧
黄色と茶色
 今さらの話かもしれないが、大昔の日本には、色を表す語が黒(玄)、青、赤(朱)、白しかなかったらしい。でもこれは、黒(暗い)、青(淡い)、赤(明るい)、白(しろい:顕い・はっきりしている)という意味で、実際に目に見える色が4色だったわけではない。赤の明るいと白のはっきりしているは、その後、意味と色が入れ替わっていくようだ。で、この4色が方角と、季節に対応しているのだ。黒は北、青は東、赤は南、白は西。中国の神話でそれぞれの方角を守るのが玄(黒)武(亀)、青龍、朱(赤)雀、白虎というわけで、中央には黄龍、あるいは麒麟を入れるらしい。黄龍だと龍がかぶるのでなんとなく落ち着かないが。
 そして、季節は玄冬、青春、朱夏、白秋というらしい。北原白秋の白秋だ。でも玄冬とか朱夏はあまり聞いたことがない。
 さらに日本語では、この4色だけは黒い、青い、赤い、白いという形容詞になる。くろぐろ、あおあお、あかあか、しらじらもこの4色だけだ。「緑い」「紫い」とは言わないし、「緑色い」「紫色い」も言わない。
 そう、ここで気になるのは、黄色と茶色。「黄い」「茶い」とは言わないが、「黄色い」「茶色い」は使うじゃないか。この使い方はこの2色だけなのだ。なぜだろう。
 ネットでちらっと調べた結果、前出の通り、4色の中央に黄色があるので、黄は黒、青、赤、白の次に古くから意識されて使われてきた色の名前なので、日本語が発展する過程の中で、こういう使われ方がされるようになった、というのが一番しっくり来る説明だった。先の4色は意味として具体的な色と対応しているようなしていないような曖昧さがあるが、黄色と茶色は色そのものを示しているという違いもある。ちなみに、信号機の緑を「あお」と呼ぶように、昔は緑は青に含まれていたわけだ。
 じゃあ、目に見えた実際の色を表すときは、黒、白、赤、青でどうかというと、これはどうにもならない。やはり黄色が必要だ。印刷でいうとインクの色、CMYK(シアン:青というより濃い水色、マゼンタ:赤というより濃いピンク、イエロー:どちらかというレモンイエロー、ブラック)に紙の色の白だ。この5色なら何とかなる。
 つまり、日本で古来から色として意識されてきたこの5色だけで絵が描けるわけだ。これは挑戦してみる価値があるのでは、と思ったけど、もうやっている人が身近にいた。

 でも、ちょっとおもしろいアイデアなので、今描いている絵に使ってみようかな。
[PR]
by hiroafukasawa | 2016-02-15 15:40 | 雑記帳 | Comments(0)