<   2013年 11月 ( 6 )   > この月の画像一覧
見えない道しるべ
e0137995_12432647.jpg

 そんなびっくりするような話でもないんだが、偶然ってすごいなあと思ったことを一つ。

 仕事で、某カメラマンと某施設を訪問して撮影をした。一通り撮影し、帰りがけ、駐車場でカメラマンが「忘れ物をした」といって施設の中に引き返した。その施設は甲府から40分くらいの場所にあって、なかなか行くことのない所なので、施設の外観だけ撮っておこうと私も自分のカメラを出して撮影を始めた。そこへカメラマンが戻ってきて、「今日は天気がよすぎて、コントラストが強すぎちゃいますね」と言い、「そうなんですけど、しょうがないですよね」と返すと「HDR合成をするといいですね」と言う。
 一つのアングルで露出を変えて撮影し、白く飛んだり黒くつぶれたりしていない所を合成するのは、仕事でPhotoshopを使って昔からやっていることだが、ものにもよるが、半日くらい作業に時間を取られることがある。それを自動でやるソフトがあるというのだ。最近ではカメラにその機能が搭載されているとか。しかし、「へえ、そうなんだ」とその場の話は終わった。
 数日後、その「なんとか合成」が気になってネットで調べてみると、「ハイダイナミックレンジ合成」のことだとわかる。なかなか便利そうな機能だな、と思って続けて調べると、今まで知らなかったがPhotoshopにもそんな機能が備わっていることがわかる。
 なるほど、次にそんな仕事があった時は使おうと思った矢先のこの週末、教室で風景の写生に出かけ、参加者それぞれの構図の写真を撮ることに。実にいい天気で遠くの山々までよく見える(中央アルプスが見えた)が、写真にするとコントラストが強すぎる。「そうか、HDR合成だ」と思い出し、偶然車に三脚も乗せていたので持ってきて、画角を変えずに適正とアンダー気味とオーバー気味の三枚を次々と撮影(AEB)。
 残念ながら、私のカメラにはHDR合成の機能が搭載されていないので、Macで処理することに。結局、Photoshopの合成は今ひとつだったので、CanonのDigital Photo Professionalで作業をした。遠景の南アルプスの雪化粧も飛ぶことなく、近景の影の中もつぶれず、(絵を描くための元として)素晴らしい写真に仕上がった。

 あの時、某カメラマンが忘れ物をしなければ、私が建物を撮ろうと思わなければ、こんな展開にはならなかった。たまたま車に三脚が乗っていたという偶然もあるが、たった5日間の出来事だ。ちょっと大げさかも知れないが、なにか、見えない道しるべに導かれたような気分だ。

 実は、次回2月の個展にむけ、こんな「見えない道しるべ」をテーマにして絵を描いている。
[PR]
by hiroafukasawa | 2013-11-25 13:25 | 雑記帳 | Comments(0)
冬の訪れ
e0137995_12555368.jpg

 春に苗で買った花。白い花びらに濃いピンクの筋が入る品種。どうせ冬前には枯れるだろうと、ろくに育て方も読まず、花の名前さえわからなくなってしまったが、夏の終わりには種を落として自然に芽吹き、大きくなって花を咲かせました。なんだこの花、このまま冬を越すのか?と思ったが、そんなはずもなく、ここの所の寒さで一気に枯れてきました。どうして秋に芽吹いて花を咲かせたんだろう。夏がものすごく暑くて、リズムが狂ったんだろうか。
 種を取っておいたので、早春に蒔いてみよう。たくましく育ってくれそうな気がする。この花の名前、わかる人がいたら教えてください。
[PR]
by hiroafukasawa | 2013-11-21 13:06 | 雑記帳 | Comments(0)
笛吹市文化祭
e0137995_1483473.jpg

iPhoneで撮影

 30年以上絵を続けてきて、ある程度のプライドは持っているが、それでも無名の画家には違いないので、地元の八代町芸術祭にも、笛吹市文化祭にも快く出品している。上の写真は今年の笛吹市文化祭。絵画は会場になった一宮の体育館の一番端に並べられていた。写真ではよくわからないかも知れないが、パネルのこちら側に見えている面は光が当たらず、暗くて絵がかわいそうだ。
 無名の画家が偉そうなことは言えないが、この展示スタイルはひどい。しかも、展示期間は11月16、17日の2日間だけ。市文化協会会長さんのあいさつ文には「・・・ゆっくりとご鑑賞ください・・・」とあるが、とてもそんな環境じゃない。
 市の方に、文化祭の展示スタイルを考え直すようなことはないのか、という趣旨の質問をしたことがあるが、「文化協会からは何も要望が上がってこないので、当面はこのまま継続する」ということだった。で、知り合いの文化協会の会員さんに話をしてみると「だって、適当な会場がないからできんじゃんね」という。別の会員さんは「よその市もだいたいこんなもんじゃねえけ」という。
 出品している人たちも皆、それなりに不満を抱いているはずなのに、「しょうがないじゃん」と思っているのだろうか。
 でも、なかには「こんなんじゃだめだ」と思っている人もいるので、そういう人たちと力と声を合わせて、少しずつ変えていこうかと思ったりする。
[PR]
by hiroafukasawa | 2013-11-20 14:28 | 雑記帳 | Comments(0)
500円玉平成26年版
 500円玉のフリーイラストを探してこのブログにやってくる人が多い。そのページはこちら
 ただ、この500円玉が平成23年になっているのが気になっていた。ありがたいことにコメント欄も長くなってきたので、新たに平成26年版を作った(もう25年も終わりなので先走って26年にした)。
 以下、前回の記事のコピー。

 仕事で500円玉のイラストが必要だったので作った。WEB上のイラストはたいてい有料なので、今回は探しもしなかった。このイラストを無料で提供する。100円玉の時の繰り返しになるが、意図は以下の通り。
1. 500円玉のイラストは、誰が作っても大差ないと思うので、そこに著作権がどうのこうのというものでもない。
2. 私自身が一度使用したものなので、無料で提供しても惜しくはない。
3. クオリティもそんなに高いと思えない。松の500円は作業時間として1時間以上かかってしまったが・・・。
4. 作ったのはIllustrator。ここに晒しているのJPEG画像(解像度は350dpi)。オリジナルの方がいいに決まっている。
5. 同じようなイラストを有料で配布している人たちには多少の負い目を感じている。営業妨害になったらごめんなさい。
6. ダウンロードした人はぜひ、コメントをつけて下さい。役に立ったのかどうか、人情として反応が知りたい。
7. 他の画像については無断複製はご遠慮下さい。

 ということで、意図は変わらない。うまい具合に使ってください。

500円玉(平成26年)松
e0137995_11141755.jpg


500円玉(平成26年)竹
e0137995_1117128.jpg


500円玉(平成26年)梅
e0137995_11175092.jpg


 コメントもよろしくお願いします。
[PR]
by hiroafukasawa | 2013-11-08 11:19 | フリーイラスト | Comments(77)
搬入でイラッ
 地元の文化祭というのがあって、毎年出品をお願いされている。今朝が搬入だが、10時にならないと会場が開かないので、隣の「総合会館」の窓口に預けることになっている。まあ、これは毎年のことなので、どうということはないし、持っていけば市の職員さんが「ハイハイ」と受け取ってくれるはずだ。
 だが、今朝、総合会館の窓口に行って作品を差し出すと、若い職員が出てきて、困ったような口調で「展示は向こうのふれあい館なので・・・」とかなんとかゴニョゴニョ言い出し、受け取りたくない様子。
 自分はそんなこと知らないし、下手なことをしてあとで問題になったら困る、という顔つきなので、「また役人の事なかれ主義が始まったか」と思い、職員があれこれ言い出す前に「○○さんに頼まれて持ってきた。会場が向こうの建物なのは知っているが、10時にならなければ開かない。それでは会社に遅刻する」と矢継ぎ早に繰り出し、(だから四の五の言わずに受け取れ)と作品を突き出してやった。
 事情はわかったようで作品を受け取ってくれたが、どうしていちいち責任から逃れようとするのか。たかだか町の文化祭だ。そんな大事になるはずはないのだから、自分で判断して、それでトラブったら自分で解決すればいい。普通の会社では当たり前のことだ。その当たり前のことをやろうとしないことにイラッとする。
[PR]
by hiroafukasawa | 2013-11-08 10:17 | 雑記帳 | Comments(0)
搬入
 土曜日、「山梨の作家展」の搬入と、山梨英和大学学園祭の美術部の展示に賛助出品する作品を持っていくという2つの用事があった。ところがその前の日からカミさんが「肩が痛くて手が上がらない。運転ができない」というので、朝一番で石和温泉駅前の整形外科まで送っていって、診察の間に英和大に作品を持って顔を出し、再び病院に戻り、買い物をして家に帰り、昼飯をさっと食べて山梨県立美術館に向かい、「山梨の作家展」の作品を搬入した。
 当初、作品の展示を手伝う気でいたが、そんな余裕もなく、それでも「何か手伝うことがあれば…」と聞いてみたが、改めて「出品作家さんは搬入だけでいいですよ」と言われたので、2、3人の顔見知りの先生方と軽く世間話をして帰ってきた。
 日曜日、英和大美術部の展示がどんな風になったか気になったので顔を出すと、3人の学生が「山梨の作家展」を見に行くというので、同行した。展示は良かったんだが、写真を撮るのを忘れた。また、改めて見に行こう。
 カミさんはいわゆる四十肩で、もとい、五十肩で、私なんかは注射1本で治ったんだが、どうも症状が悪いらしく、1カ月はかかるだろうと言われたそうだ。注射は1週間に1本しか打てないそうで、痛み止めにロキソニンと座薬までもらってきて耐えている。かわいそうに…(笑)。


 「富士の国やまなし国文祭 山梨の作家展 美術展」は山梨県立美術館県民ギャラリーAB室で11月10日まで開催中。国文祭のトリとなる展示です。
[PR]
by hiroafukasawa | 2013-11-05 12:56 | 雑記帳 | Comments(0)