<   2012年 03月 ( 7 )   > この月の画像一覧
日本語として
 今日、SPAMメールの中に、「私の父が放っておけない性質なので・・・」とかいうタイトルが付いたのがあって、「性質じゃなくて性格だろ!」と突っ込んで削除した。
 もう流れていないかも知れないけど、iPhone4sのテレビコマーシャルの中で「目を奪うほどの・・・」と、その画像の美しさをPRしていたが、これも聞いていてどうも違和感がある。「目を奪われる」というのが成句(慣用句)で、「目を奪う」という表現はそもそも日本語にはないと思う。「万事休す」と使うが、「万事休した」とは言わないのと同じだ。「目を奪われるほどの美しい画像・・・」が正しいと思われる。
 なのに、あれほど堂々とテレビで流れてしまったり、新聞記事で「万事休した」と表現したり、そんなこんなでこういう表現が市民権を得てしまい、いずれ辞書に「本来の使い方ではないが」みたいな注釈付で載ったりして、だんだん一般化していくんだろうな。目くじら立てる訳じゃない。たいへん保守的なのかも知れないが、日本語に対する感覚、この違和感は、自分の中では大切なものとしておきたい。
[PR]
by hiroafukasawa | 2012-03-27 12:53 | 雑記帳 | Comments(0)
3G
e0137995_18492776.jpg



iPhoneで娘が撮影。


私のiPhoneはいまだに3G。そろそろ買い換えたいが、スピードだけガマンすれば、機能的には問題ないのでそのままにしている。他にも先送りにしている懸案事項がいくつかある。そして今年も春がやってくる。


 あれ? 写真の縦位置を認識しないのか? だめだなあ。
[PR]
by hiroafukasawa | 2012-03-26 18:49 | 雑記帳 | Comments(0)
iPhoneから
 いつからか知らないけど、このexciteも、スマートフォンからメールでブログの更新が出来るようになっていた。今までは、iPhoneで撮った写真を一度Macにメールして、Mac上から更新していた。めんどくさかったけど、ずっとそうしていた。まあ、そんなに頻繁に画像をアップしないので、それほど苦にはなってなかったけど。
[PR]
by hiroafukasawa | 2012-03-21 18:43 | 雑記帳 | Comments(0)
テスト
テスト
[PR]
by hiroafukasawa | 2012-03-15 08:37 | 未分類 | Comments(0)
いまさら
 3月11日、テレビを見ていたら、あるニュース番組で、福島県の東京電力福島第1原子力発電所の周辺の惨状を紹介していた。東電と原発に批判的で、感情的だけどなかなか鋭いレポートだと思いながらみていた。すると番組の最後に、例の有名キャスターが、「これからは圧力に屈することなく、レポートする」という趣旨のことを訴えた。
 正直、「何をいまさら」という感じだった。新年度の東電の広告出稿の額が決まったからだろうか。「広告を出さない東電はもう怖くない」というところなのか。まあ、推測だけどね。

 あと、「赤字になったから電気料を値上げする」という東電の考え方も頭にくる。「嫌なら電気を使わなきゃいいじゃん」と言いたげだ。消費増税も同じだな。「嫌なら日本から出て行けばいい」みたいな発想が財務省官僚にはありそうだ。民間企業は、赤字になっても、お客さんに迷惑をかけないよう考え、まず身を切るけどね。客に選択の余地がないのをいいことに、身を切らずにしわ寄せを客に転嫁するのは許せないね。

 この1年間は、悲しみと怒りの1年だった。
[PR]
by hiroafukasawa | 2012-03-14 18:13 | 雑記帳 | Comments(0)
道の先に明かりが見えた
 去年の秋から長いスパンでやってきた仕事がようやく終わりそうだ。あと一つ書類を作って完成。もう一度一通りチェックして納品できる。いやいや、たいへんだった。来週末あたり、ウチのスタッフ5人で打ち上げだな。
[PR]
by hiroafukasawa | 2012-03-06 22:52 | 雑記帳 | Comments(0)
丸山真未展
e0137995_19211922.jpg
 
iPhoneで撮影。
 「-白雨の中で散歩-丸山真未展」3月31日まで、甲府市丸の内、ココリ南側向かい、オーガニックカフェBarSlow。今日が初日だった。
 繊細な線と必要最低限な色彩が上品な作品。丸山さんは大学の後輩にあたる女性だ。

 大学の後輩といえば、山梨大学卒業・終了作品展を山梨県立美術館県民ギャラリーA・Bで見て来た。過去に、何回かこの展覧会のことは触れているはずなので、もう書かないが、県民ギャラリーのC室で開かれていた児童画の方が良かった気がする。幼稚園児の絵はいいよねえ。

 今日は他に、甲府市貢川・画廊三彩洞で「ミニプリント展」というのを見た。たしかにミニだった。「プリント」というと、私は版画を思い浮かべたが、写真も「プリント」だった。まあ、でもいろいろなものが並べてあって、展覧会というより展示即売会というか、バザー会場というか・・・。まあ、やっている人たちは楽しそうでした。
[PR]
by hiroafukasawa | 2012-03-01 19:35 | レビュー | Comments(0)