<   2010年 12月 ( 12 )   > この月の画像一覧
よいお年を
 世間より一日早い仕事納め。明日から冬休みだ。そして今夜は打ち上げだ。
[PR]
by hiroafukasawa | 2010-12-27 18:27 | 雑記帳 | Comments(0)
今年もあとわずか
 今年の年末進行は、例年になく楽だった。仕事で午前様になった日がほとんどなかった。仕事の量も確かに減っているが、進行が1日2日、前倒しで進んでいたのが原因だと思う。今日も、早く帰れると思う。
[PR]
by hiroafukasawa | 2010-12-26 11:05 | 雑記帳 | Comments(0)
年末の山を越えた
 今日はもう、帰ります。クリスマスイブのこんな早い時間に家に帰れるなんて、入社以来かも知れない。
[PR]
by hiroafukasawa | 2010-12-24 19:59 | 雑記帳 | Comments(0)
カタカナ
 ギャラリー・ザ・ギャラクシーで「煌」展を見た。


 さて、話は変わるが、私は最近、会社の名刺に「グラフィックデザイナー」と入れている。「制作担当」では、仕事の中身を伝えづらいからだ。それに、グラフィックデザイナーの方がなんとなく格好いい(その格好よさがいやでずっと入れてなかったのだが)感じがするし、仕事を任せようとする時に頼りになる感じがする。言葉のマジックだ。
 「アート」もずいぶんお手軽な言葉になってしまったが、思いつきで始めたような共同展示なんかも「対面するアートの偶然性をコンセプトにしたコラボレーション」とかなんとか言ってしまえば、なんかすごい現代美術の展覧会のように聞こえる。でも、展示内容がそぐわないと、着飾った言葉が逆に哀れになる。
 カタカナがいけないというわけではない。一番適切な言葉を選ぶことが重要なんで、それがカタカナ言葉じゃなくてはならない場合もある。言葉を選ぶ人のセンスということかな。
[PR]
by hiroafukasawa | 2010-12-18 16:02 | 雑記帳 | Comments(0)
年末進行
 いよいよ今年もあとわずか。年末進行でてんやわんやだ。手がけているデザインの仕事が多くなりすぎて、頭の中だけでは整理できないので、リストを書き付けている。いま、リストには大小合わせて37件の仕事が書き込まれていて、内、終わったのは13件。入稿だけして、いまだに手つかずなのが6件。もう、土日も祝日もない。ま、毎年のことだけど。
[PR]
by hiroafukasawa | 2010-12-17 20:43 | 雑記帳 | Comments(0)
小林宏展2
日本画 小林宏展の日程は

第1部 12月13日(月)〜28日(火)
第2部 1月8日(土)〜30日(日) ※一部展示替えあり
午前9時から午後7時
桔梗屋 美術館通店 アートギャラリー
(甲府市貢川1-5-63 TEL055-227-1752)

でした。よろしくお願いいたします。
[PR]
by hiroafukasawa | 2010-12-15 21:06 | 雑記帳 | Comments(0)
小林宏個展
e0137995_19155975.jpg

iPhoneで撮影。
 甲府市貢川の桔梗屋花菓亭で開かれている小林宏展。会場には本人も係の人もいなかったが、勝手に写真を撮って載せてしまう。スクエアのメンバーなので許してもらおう。
 流木のような木や板を使ったり、日本画としてはとてもユニークだと思う。雰囲気が柔らかくて、女性作家が描いたような優しさがある。
 DMが手元にないので、正確な期間がわからなくて申し訳ないが、1部2部に分けて年越しでやっている。お近くにいらした際はぜひご高覧を。
e0137995_1923117.jpg

[PR]
by hiroafukasawa | 2010-12-13 19:23 | レビュー | Comments(0)
5歳児の配色
 年賀状の版画の下絵(コピー)に、色鉛筆で配色を考えていると、横から「オレもやる」と次男(5歳)が乱入してきた。
 下絵は、森の中に洞穴と道があるという風景を、抽象画っぽくした線画。パッと見、なんだかわからない絵だ。私はそれに緑系で調子をつくって、赤でアクセントを入れたりしていた。ところが、次男の配色はこんな感じに。
e0137995_1981772.jpg

 あれ、なんか斬新でいいんじゃないの? 「へえ〜、きれいだねえ〜」とほめると、うれしくなった次男は「お母さんにも見せてくる」と台所へ。カミさんがやってきて、「上手。きれい。お父さんのよりずっといい」とベタほめ。調子に乗った次男は、私がいくつかパターンを作ろうと取っておいたコピー3枚を、次々に塗り始めた。最後の方は、手が疲れて痛くなったみたいだが、「うまいうまい」「きれいきれい」と親ばか二人がほめるものだから、文句も言わずにやり遂げてしまった。
e0137995_19152379.jpg

 子どもっておもしろいなあ。たぶん、下絵がなんだかわからない絵だから、自由に塗れたんだろうな。リンゴとか描いてあったら、それなりの色を使ったのだろうけど。こういう感覚がいいよね。夢中になって、描きたいものを描きたいように描く。絵画の原点を、子どもに教えられた気分がした。
[PR]
by hiroafukasawa | 2010-12-10 19:20 | 雑記帳 | Comments(0)
ちょっと忙しい
 ブログに書き込みたいことがあったのだが、Illustratorが落ちて、3時間半かかった仕事がパーになってしまった。バックアップには気を使っていたのだが、度々あっちこっちに呼ばれたりしているウチに、一度も保存しないまま仕事を続けてしまった。なので、現在、プチパニック中。席を立つ時には「保存」。基本だな。
[PR]
by hiroafukasawa | 2010-12-09 19:42 | 雑記帳 | Comments(0)
徳永陶子展
 午後の打ち合わせが延期になったので、ちょこっと出かけて甲府市内の古春堂画廊へ。「徳永陶子展」を見た。透明感のあるきれいな抽象画だった。作家本人がいらしたので、絵の具のことを聞くと、フランスのポリマー樹脂を使った絵の具だそうだ。徳永さんのHPはこちら。更新は2006年からサボっているようだ...。
 ご本人がいたので、写真とブログ掲載をお願いしてもよかったのだが、ちょっと遠慮した。ぜひ、実物をご覧になってください。
 12月27日まで、土、日、月曜日のみ回廊。
[PR]
by hiroafukasawa | 2010-12-06 19:02 | レビュー | Comments(0)