<   2010年 11月 ( 15 )   > この月の画像一覧
プロフェッショナル
 昨日、NHKの「プロフェッショナル 仕事の流儀」を見た。グラフィックデザイナーの佐藤卓さんが登場した。いま、NHKのHPを見ながら、おさらいをしている。
 ・商品の本質を前面に出すことが必要で、デザイナーは見えなくていい。
 ・クライアントからのだめ出しも受け入れ、さらにそれを超えるデザインを求める。
 ・依頼された内容以上のものを提案する。
 ・「がんばる」と言わず、さりげなく仕事する。がんばるとか一生懸命とかは当たり前だから。
 ・デザインの中に、物語を入れる。おもしろい仕掛けがあることで、口コミが広がる。
などなど、たいへん共感できる内容だった。もちろん、仕事の内容もクライアントの大きさも、私とは天と地ほどの差があるので、「共感」というとおこがましいかな。

 で、このNHKのHPには、「放送されなかった流儀」というのがあって、その内容が「“引き出し”で仕事をしない」。つまり、コツを持たず、前例に頼らず、似たような仕事でも必ずゼロから考える、というもの。
 これだよね。これがなかなか真似できないんだよ。むしろ私なんか、「どれだけたくさんの引き出しを持っているかが、デザイナーの力量の差だ」ぐらいに思っていたりする。「前例にのっとって『こんな感じだろう』という気持ちで仕事をすると、必ず失敗し、そのデザインはすぐに世の中から消えてしまう」と。・・・たいへん勉強になった。
 何で、ここを放送しなかったんだろう? NHK。 
[PR]
by hiroafukasawa | 2010-11-30 20:03 | テレビの話題 | Comments(0)
12月も近付き
 なんか急に忙しくなってきた。秋口からずっとヒマだったんだが、いよいよ師走、年末体制か。
[PR]
by hiroafukasawa | 2010-11-29 20:06 | 雑記帳 | Comments(0)
マウスのトラックボールをブラシで
 以前、Macのマウスのトラックボールの掃除について書いたが、和紙でグリグリしても、やっぱりじきに動きが悪くなる。そこで、待ち針を差し込んで汚れが取れないかとやってみたが、何しろ中が見えないので、きれいになったかどうかわからない。じゃあ、ブラシみたいなのをつっこんでみたらどうだろう、ということで家の洗面台にあったブラシを持ってきた。
e0137995_198322.jpg

 この毛をつっこんでクリクリ回す。効果絶大、というわけではないが、これまで試した中では調子いいかも。
 で、このブラシ、2つあって、1つを勝手に持って来ちゃったんだけど、そもそも何に使うものなんだろう。
[PR]
by hiroafukasawa | 2010-11-26 19:16 | 雑記帳 | Comments(0)
二胡
e0137995_186355.jpg

5D Mark2で撮影。

 韓国と北朝鮮がえらいことになっているが、私は休日出勤で残業中。9.11の時も会社で仕事をしていたな。あの時も、映画でも見ているような感覚だったが、これは現実なのだ。

 写真は二胡奏者のコタニジュンさん。わがセンパイ、榎並さんの個展のオープニング・コンサートで撮影した。本人に「写真撮りますので、お願いします」と断ったので、ブログにも勝手に載せてしまう。ライブの情報も載せておくので許してもらおうっと。11月27日、甲府市の桜座で開かれます。
 撮影はEOS 5D Mark2を使用。光源は会場(ギャラリー)のスポットライト一つ。たいへん暗かったので感度を最大に上げて、なんとかブレない程度に撮れた。カメラの性能のおかげだ。すごいぞ5D。

 コタニさんの二胡は、ものすごく表現力があって、とても良かった。あんな華奢な楽器で、よくもこんなにいろいろな表情の音が出せるものだと感心した。
[PR]
by hiroafukasawa | 2010-11-23 18:16 | 雑記帳 | Comments(2)
のろのろ
e0137995_18435598.jpg

iPhoneで撮影。

 悪いとは言わないが、本当に制限時速ぴったりで走られると、正直イライラする。夜も9時を過ぎれば人通りもまばらになる田舎道。そこを40kmでゆっくり走られても・・・。いや、違反じゃないので、誰も責められない、それはわかっているんだが。
 にしても、この車、警備会社の「巡回指導車」とあるが、中には防寒着を着た男性が4人も乗っていて、どう見ても工事現場の誘導員。要は送迎車じゃないか。送迎しながら、指導もするというわけか?
 それはそれでいいけど、道路には流れというものがあってね・・・。まあ、いいけど。
[PR]
by hiroafukasawa | 2010-11-22 18:55 | 運転マナー | Comments(0)
犬を思いやる
e0137995_1931270.jpg

iPhoneで撮影。トリミングしてあるが、字が読めるだろうか。
 「犬を思いやる心、・・・」?
 よく見ると、本当は「人を・・・」。犬好きの人の落書きだろうが、違和感なく読めてしまうではないか。
[PR]
by hiroafukasawa | 2010-11-19 19:33 | 雑記帳 | Comments(0)
車にベル
 前にも書いたが、自動車のクラクションやハザードランプを、本来の使い方ではなくマナーとしての合図として使うのはどうか、という話。道を譲ってもらったときにプッとクラクションを鳴らしたり、緊急停止の合図であるハザードをつけるのは、目の不自由な人をビックリさせたり、誤解を招くのでやめた方がいいと思う。
 じゃあ、どうしたらよいかというと、簡単なことで、クラクションではなく、もっとやさしい音の出るものをつければいいのだ。自転車のベルみたいなヤツ。
 今朝、通勤路の狭い道で、中学生が二列で歩いていて、後ろの車が追い抜けずにクラクションを鳴らしていた。渋滞になるので、これはどかした方がよいのだが、こんな時でもクラクションよりベルのような音が出せたらいいと思うのだ。
 道を譲ってくれた後ろのドライバーに、「入れてくれてありがとう」と伝えるのは、ハザードではなく違うサインが出せればいいな。電光掲示板みたいな。
 たいした手間でも費用でもないと思うので、自動車の標準装備にしたらいい、と思う。
[PR]
by hiroafukasawa | 2010-11-15 19:01 | 運転マナー | Comments(0)
第六感
 普段、時間に追われて生活していると気がつかないかも知れないけど、心に余裕があるときなんかに、虫の知らせというか第六感というか、まあ、そこまで大げさではないけれど、例えば「あ、今日はこっちの道を通っていこう」とか、「なんか、今はやらない方がいいかも知れない」というような思いがふとよぎって、それに従うことがある。
 人は常に選択をして生きている。論理的にベターな選択をするのが常だろうが、「なんとなく」と選ぶことも多い。
 「なんとなく」というのは何だろう。
 「なんとなく」というのは、「論理的」の対極にあるような気がするけど、実は意外とリアルなことなのかも知れない。うまく説明できないけど。
 絵でいうと、観念的に描かれた絵は何か物足りない。面白い絵を描くためには、「なんとなく」がヒントになるのかも知れない。
[PR]
by hiroafukasawa | 2010-11-12 18:16 | 制作 | Comments(0)
秋晴れ
e0137995_15231068.jpg

iPhoneで撮影。ゆがんじゃったな。
 
 今日もいい天気だ。
 今年も県民文化祭が終わり、昨日、搬出してきた。同じ絵を地元の文化祭に出品して、今年の展覧会は終わりかな。
 来年か、再来年に個展を開くつもりで、小品を描き始めた。先日はF6号の木枠を10本買ってきて、布を張り始めた。ところが、釘が足りなくて3枚しか張れなかった。
 馴染みの画材店に行くと、釘を分けてくれる。でも、ただでもらうのが忍びないのと、十分な数をもらえない(もっとちょうだいとは言えない)ので、Amazonで買った。Amazonは購入金額が少なくても送料無料になったので、ますます使いやすい。
 冬は絵の具が乾きにくいので、なるべく時間を取って描きたいのだが、仕事も忙しくなり、いろいろ行事もあってままならない。今日も、ゲリラ的飲み会に連れて行かれそうな雰囲気。
[PR]
by hiroafukasawa | 2010-11-11 15:26 | 雑記帳 | Comments(2)
昔作ったGIFアニメ
e0137995_14254120.gif

 2000年頃、まだ、シンプルテキストを使ってHTMLを組み立てていた時期に作ったGIFアニメ。「アニメーションが一つのパソコン上で、こんなに簡単に作れるものなのか」と感動した覚えがある。繰り返しのところを違和感なく動かすのに苦労したな(スクラップブックがめくれて新しいページになるところとか)。今では、とんでもなくローテクだ。
[PR]
by hiroafukasawa | 2010-11-10 14:35 | デザイン | Comments(0)