<   2010年 05月 ( 12 )   > この月の画像一覧
第20回スクエア展その1
スクエア展の宣伝。
 第20回スクエア展
 2010年6月17日(木)から23日(水)まで
 山梨県立美術館県民ギャラリーB
 
 今年は20回記念ということで、メンバーの小品も展示します。

 パンフレットからメンバーの作品を紹介します。例によって、ここに掲載することに本人の了承を得ていません。誰も損をするとは思えないから。


e0137995_18503078.jpg

深沢弘昭「リセットがきかない」F130号 油彩
[PR]
by hiroafukasawa | 2010-05-31 18:55 | 作品 | Comments(0)
スクエア展パンフ
 第20回スクエア展のパンフが仕上がった。
 今年は、6月17日から23日まで山梨県立美術館県民ギャラリーBで開催される。併設は安藤美雪個展。
[PR]
by hiroafukasawa | 2010-05-27 19:08 | 雑記帳 | Comments(0)
できあがり
 先日、制作を依頼されたホームページがやっとアップされた。Dreamweaverの処女作というべきか。
 一応、最近の仕事ということでリンクをしておこう。
[PR]
by hiroafukasawa | 2010-05-24 20:05 | 最近の仕事 | Comments(0)
観光ガイド
 県内のある市役所から、観光ガイドのパンフレットを作るコンペがあるので、参加して欲しいと要請があった。A3判ベースの小さなパンフなので、金額的には大きくはないのだが、パイロット版を作ってプレゼンまでしなくてはいけない。
 見積もりは予算内に抑えられそうだが、パイロット版を作るのがたいへん。受注できなければ「ただ働き」なのだ。まあ、それでも最善を尽くし、いい提案ができるよう頑張るしかない。
[PR]
by hiroafukasawa | 2010-05-20 19:28 | デザイン | Comments(0)
次回作に悩む
e0137995_2103277.jpg

iPhoneで撮影。木蓮の木に登っていったモンタナ。

 この数週間、次に描く大作のテーマが決まらないで悩んでいた。絵のテーマって、まあ人それぞれなんだろうけど、私は自分がおもしろいと思えないものは描きたくないと思っている。知識だけで自分の経験に裏付けられないものは、結局薄っぺらな絵になってしまうと思う。例えば、「地球環境のことを憂う」というテーマで絵を描いたら、なんかポスターみたいになっちゃった、みたいな。「死は常に生と背中合わせ」なんて分かっているけれど、実際に死にかけたことがないのでその重みは絵に表現できない。
 で、テーマが決まらないと、自分の中に何があるんだろう、という自問になる。そしてその答えは、自分でしか出せない。誰かに「こんな絵を描いてみたら」とアドバイスされても、人のアイデアという時点で「なんか違う」と思ってしまう。
 昨日の夜、ちょっとヒントを見つけた。絵になるかどうか、しばらく試行錯誤をしてみようかと思う。
[PR]
by hiroafukasawa | 2010-05-18 21:15 | 制作 | Comments(0)
Profile
性別:男
生年月日:1962年9月18日
血液型:B型
職業:グラフィックデザイナー
生まれた場所:千葉県
住んでいる場所:山梨県笛吹市

ここまでは、ネームカードと同じ。

 小学校4年だったか5年だったか、大学ノートにマンガを描いて友達に見せていた。
 中学校では写真部に所属した。
 高校では、マンガが上達するようにデッサン力を身につけようと、美術部に入った。そこで、油絵と出合った。
 大学進学では、東京に出ることができなかったので美大は諦め、地元の教育大学の美術教員課程に進んだ。
 大学は、24時間開放されていたので、夜中まで絵が描けた(今はどうか知らない)。当時の夜の過ごし方は、絵を描いているか、酒を飲んでいるか、麻雀をしているかのどれかだった。
 大学でもマンガ研究会に籍を置いたが、結局マンガはほとんど描かなかった。元祖「オタク」が苦手だった。
 教員採用試験は高校の美術の先生を目指したが、1名しか採用がなかった。
 デザインをやっている会社に就職。グラフィックデザイナーとなる。当時は写植とレイアウト用紙とロットリングと色指定の世界だった。
 世の中の流れに乗ってMacを仕事道具とする。最初のIllustratorのバージョンは5だったような気がする。
 大学の教室の仲間が次々と絵をやめていく中、油絵をいまだに描き続けている。
 グラフィックデザイナーは、経験だけでいくと28年も続けている。


 ちなみにこのブログは、一部の友人、同僚にしか教えていない(ほんの4、5人)。

 追記(2012.2)
 最近は、twitterの方がよく書き込んでいる。以前にも増してブログはおろそかになりがち。

 追記(2012.3)
 exciteの「ネームカード」サービスが終了して、代わりに「エキサイトプロフィール」というものが出来た。ので、そこにプロフィールを入れ直した。

 追記(2012.6)
 「エキサイトプロフィール」には、リンク先が1つしかないので、もう一つのHPへのリンクをここに貼っておく。
[PR]
by hiroafukasawa | 2010-05-17 19:17 | Profile | Comments(0)
地図にない神社
 本の制作の一環で、昨日、とある神社の写真を撮りに出かけた。全部で五カ所。午前中に三カ所廻る予定だった。ところが、三つ目の神社が見つからない。著者がくれたメモには「甲府市右左口(うばぐち)の佐久神社」とだけ。「有名な神社ばかりだから行けばすぐ分かる」という話だったが、どこにもない。コンビニで地図(マップル)を買って確認したが、地図にも載ってない。ただ、「佐久」という字名が載っていた。その集落にあるのは「白山神社」。とりあえずその周辺を車で走ってみるが、手がかりがない。
 そして今日、改めて著者に確認すると、「白山神社のすぐ隣にある」というので再びチャレンジ。路肩に車を止めて、白山神社の長い階段を登っていくと、そこには白山神社の小さな祠だけ。
 著者の「絶対にある」という言葉を信じて再び周辺を捜索。そしてついに、白山神社から東に400mほど行った先に狭い入口を発見。その奥に石階段と立派な石の鳥居。登ってみると拝殿、本殿、神楽殿まである、狭いけどちょんとした神社だった。

 なぜ、こんな神社が地図に載っていないのか。
 ちなみにgoogleの地図で確認したら、ちゃんと載っていた。

e0137995_19435532.jpg

デジタル一眼で撮影。
[PR]
by hiroafukasawa | 2010-05-14 19:45 | 雑記帳 | Comments(0)
トラブったら何がなにやら
 Dreamweaverでホームページを作ったが、ブラウザによってレイアウトが崩れるだとかで、結局スタイルシートからテーブルに変えざるを得なくなった(HP制作の用語なので分からない人はスルーして欲しい)。なのに今度は「InternetExplorer8で印刷結果が画面と違う」という。最初にしておいたフロートの設定が、テーブルに変えたのにまだ残っているのかと思って調べたがどうもよく分からない。慣れないソフトでの慣れない作業の上、特定のブラウザソフトでの不具合を何とかしろといわれても・・・。結局原因を特定できないまま、重なって印刷されてしまうパーツを強制的に印刷時改ページにして、とりあえず問題は解決した。
 IE8自体にもいろいろ問題があるそうじゃないか。何がなにやら分からないまま、ずいぶんと時間を浪費した。

 15日はスクエアの例会で、飲み会だ。気分転換だな。
[PR]
by hiroafukasawa | 2010-05-13 20:37 | デザイン | Comments(0)
新しい書籍
 新しい仕事で、書籍のレイアウトというか文字組をやっている。360ページを超える本を、1ページずつ組んでいく。まあ、原稿はWordで入力済みなので、InDsignで流せばあっという間じゃん、と思いきや、小見出しが頻繁に出てきて、その都度設定し、さらにはルビがやたらと多いので、思ったよりも時間がかかる。
 正直、こんな単純な仕事はオペレーターにやらせればいいのだが、今、経費節減で外注することができず、社内でやれることは全部やらなければいけない。

 ところで、またふと思ったことがある。このexciteのブログには「ネームカード」というのがあって、要するに名刺なのだが、訪れた人が「このブログはどんな人がやってるんだろう」と気になった時にクリックして見てもらうものだ。だから、今までこのブログにプロフィールのような書き込みをしてこなかった。必要ないと思っていたから。でも、このネームカードというシステムが全ての人に認知されている訳じゃあないよな。例えこのブログの主のことが気になったとしても、ネームカードを開いて見る人は、実は少ないじゃないか・・・。

 ということで、もう3年以上も経ったけど、近々プロフィールを書き込もうと思う。
[PR]
by hiroafukasawa | 2010-05-12 18:18 | デザイン | Comments(0)
スキャンして家計簿
 先日、ふと思ったのだが、スーパーマーケットなどでもらうレシートというのは、お客にとってはあまり利用価値がないものだ。お店にとっては、レジでピッとやることで売れた商品の情報が蓄積され、どの商品がどれだけ売れて、在庫がどのくらいになって、売上がどのくらいになるとかがわかる。ポイントカードの情報を組み合わせれば、誰が何をどのくらい買ったかが分かり、お客の消費志向が分かる。そのついでにレシートがピロッと出てくるのだが、お店にインプットされる情報の割に、お客にアウトプットされる情報があまりにも貧弱だ。
 で、考えたのが、専用の小さなスキャナでレシートの情報を読み取り、パソコンでほぼ自動的に家計簿がつけられるようなソフトを作ったらどうだろうか。買い物から帰ってきたら、レシートをスキャナに読ませるだけ(シュレッダーの要領)で、パソコンに買い物情報が蓄積、何もしないでも月末には家計簿が出来上がっているというわけ。これまで三日坊主だったお母さん、これならカンタンですね・・・ってことでどうだろうか?
[PR]
by hiroafukasawa | 2010-05-11 21:42 | 雑記帳 | Comments(0)