<   2010年 03月 ( 14 )   > この月の画像一覧
顔をつぶす
こっちの絵も塗り絵みたいになってきた。・・・以下いずれもiPhoneで撮影。部分。
e0137995_22534029.jpg

なので、一度つぶしてみる。
e0137995_22544114.jpg

つぶしたといっても、下に描いた形は残るので、あらためて描き直す。
e0137995_22545836.jpg

「だからなに?」って話かも知れないが、細部にこだわって全体が見えなくなったときは一度リセットするとよい。色の重なりも増えるし。
[PR]
by hiroafukasawa | 2010-03-30 23:02 | 制作 | Comments(0)
Dreamweaverにて
 ほぼ半日、Dreamweaverでホームページづくり。半日かかってもトップページ1ページ分が仕上がらない。参考書見ながら1から覚えていくんだから、しょうがない。
 慣れない仕事でとても疲れた。
[PR]
by hiroafukasawa | 2010-03-29 19:12 | デザイン | Comments(0)
スマートフォン
 iPhone以降、タッチパネル式の多機能携帯端末がぞろぞろと出ているようだ。自分が使っているもの以外には興味がわかないのでよく知らないが、ソニー・エリクソンから4月1日に新しいスマートフォンが発売される。顔認識機能があって、写真から個人を判別して電話帳を検索して名前を表示、電話やメールができるという。
 でも、その形のデザインとか、画面のエフェクトとか、どうも洗練されていないというか、いまひとつiPhoneに及ばない気がしてならない。機能や性能は軽く超えているんだろうけど、デザインがなあ・・・。やっぱりシンプル・イズ・ベストなんだよな。
[PR]
by hiroafukasawa | 2010-03-24 19:53 | 雑記帳 | Comments(0)
大きな絵
e0137995_21135053.jpg

iPhoneで撮影。
 アトリエに4歳の次男が遊びに来た。描きかけのF130号の絵との大きさの違いがおもしろい。
 描きかけといっても、かなり前に撮ったもので、今はもっとチェック柄も描き込んである。ただ、柄を描くことばかり一生懸命になってしまい、塗り絵みたいになってしまったので、現状ではこのチェック模様は赤色で一旦つぶしてある。
 なんかうまくいかないときは、ガーーーとつぶしてしまい、軽くリセットする。そうすると、次の展開に進める。
[PR]
by hiroafukasawa | 2010-03-23 21:28 | 制作 | Comments(0)
熱海で一泊
e0137995_1142489.jpg

iPhoneで旅館の窓越しに撮影。

 中学時代の同級生が、「30年ぶりに飲もう」ということで熱海に宿を取ってくれた。とてもよい施設で料理も美味しかった。
 3時頃にチェックインして、風呂に入り、お天道様がまだ高いうちからビールを飲み、ちょこっと卓球などをはさみ、夕食(レストラン)でも一杯。部屋に戻ってからも夜中まで飲み続け、腹を抱えて笑った。窓の外は大風。私たちも30年間、それぞれ人生いろいろだ。それでも基本的に中学時代と変わってない(頭もはげてないし)、ということで意見の一致をみたが、三人が三人とも「飲んべえ」になっているとは・・・。
 一泊して、黄砂の舞う日曜日。帰りは、熱海市街が混んでいたが、ほかはスムーズに流れていた。ただ、河口湖大橋から甲府方面が渋滞していて動かなかったので、精進湖経由で帰った。走行距離251.4km。燃費17.6km/lだった。運転しているか、酒を飲んでるか、どっちかの週末だった。友人たちにひと言。「道案内、ありがとう」。
[PR]
by hiroafukasawa | 2010-03-22 12:03 | 雑記帳 | Comments(0)
水曜日に飲み会
 今週、水曜日に飲み会の予定が入ったので、ちょうど仕事も谷間なので木曜日に代休を取って、準備万端で出かけた。「馬肉屋たけし」という店だった。テニスの会なんだが、今年度の活動はテニス1回、飲み会2回。
 平日なので、さすがに1次会で終了。私だけいつものバーでスコッチをいただいた。クライヌリッシュ、フェッターケアン、カリラ。何年かは忘れてしまった。フェッターケアンは先日飲んだのと同じものだけど、前の方がピリピリと辛かったような気がした。4杯目にスコッチじゃないものを頼んだが、なんだったか覚えてないし、全部飲みきれなかった。
 明日は、熱海に行く。
[PR]
by hiroafukasawa | 2010-03-19 19:08 | 雑記帳 | Comments(0)
デスケル
 普段、きっちりと構図を決めたデッサンをしないので使わないのだが、水彩画教室をやるに当たって、「こういう便利なものがあるよ」ということで「デスケル」を手作りした。

e0137995_18392288.jpg

iPhoneで撮影。
 デスケルというのは商品名だと思うんだが、つまり、よく絵を描く人がやる両手の親指と人差し指で構図を決める、あの手の役割をするもので、しかも画面を16分割する糸が張ってあるのでデッサンもやりやすい。これは、厚い方眼紙(昔、グラフィックデザイナーが使っていたレイアウト用紙)と黒い糸を使って作った。
 生徒さんの一人は、市販されているアクリル板のちゃんとしたやつを持って来ていたが、使い方がイマイチ分かっていなくて、「この透明の部分を画用紙だと思って覗いてみるんですよ」と教えると、「なるほど〜」と感心していた。
 まあ、こういう便利なものがあるのだから、使って損はない(昨日と同じ終わり方・・・)。

追記
 デスケルの使い方を知りたくてこのページに辿り着いた人のために、簡単に説明しよう。
 よく、美大受験生が石こうデッサンの時に使うんだが、風景でも静物でも何でもいい。要は自分の顔の前に垂直に立ててかざし、手を前後させたりして、枠の中で構図を決める。もちろん縦でも横でもいい。つまりは、この枠の中に切り取られた風景を、画用紙(キャンバス)に写すために使うわけだ。
 しかも16分割する線(糸)が目安になって、写しやすい。ただし、枠の縦横の比と、画用紙の縦横の比が同じじゃないとならない。だから、市販のデスケルはF6用とかF8用とかがあるらしい。たとえ縦横の比が合ってなくても、中心と、中心を通る縦線と横線はどんなサイズでも同じなので、使えなくはない。
 自作するなら、自分が使うスケッチブックの縦横を計って、同じ比率の四角(相似形)を欠いて切り抜けばいい。
[PR]
by hiroafukasawa | 2010-03-17 18:48 | 雑記帳 | Comments(0)
1テラの外付けハードディスク
e0137995_2125355.jpg

iPhoneで撮影。
 MacProに代えてからずっと気になっていたのは、バックアップ用の外付けHDを購入できなかったこと。今のMacには「タイムマシーン」というバックアップ用アプリケーションが標準でついていて、1時間ごとに自動でハードディスクのデータをバックアップしてくれる。内蔵ハードディスクを2つのパーティションに区切って片方をバックアップ用にする手もあるようだが、同じディスクにバックアップを取ることには意味がないように思い、やるなら外付けで、と考えていた。でも、予算が足りず、バックアップはMOとCD-ROM頼み。
 そして、ついにミスが起きてしまった。データをCDに入れる作業をしていて、オーバーフローになった分を削除したつもりが、ハードディスクの方の元データを削除してしまった。それに気がついたのが週明けの昨日。復元を試みたが、できなかった。
 「このままではいけない」と、自腹で外付けHDを買うことにした。アマゾンで1テラが8,900円で売っていたので飛びついた。そして、今日にはものが届き、「タイムマシーン」の設定をした。600ギガの内蔵HDのバックアップを取るのだから、当然1テラぐらい必要だと思ったが、どういう仕組みか分からないが今のところ83ギガしか使っていない。書き込みにもものすごい時間がかかるかと思いきや、長かったのは最初の1回だけで、後は更新されたものだけを扱うらしく、書き込んでいることさえも分からないほど早い。Mac上の仕事には何にも影響しない。やはり便利なものは使わなければ損だな。
[PR]
by hiroafukasawa | 2010-03-16 21:45 | デザイン | Comments(0)
出版記念会
今日は、先日仕上がった本の出版記念パーティーがあった。私はカメラマンを買って出た。
パーティーは盛況だったが、そのあとひとりで甲府の中心街へ繰り出したが、閑散としていた。
いつものバーに行き、ギネス1杯とスコッチを3杯いただいだ。ザ・グレンリベットの18年、フェッターケアン33年、ラガヴァーリン18年。
[PR]
by hiroafukasawa | 2010-03-14 01:35 | 雑記帳 | Comments(0)
1024
 今日まで知らなかったんだが、1キロバイトというのは1024バイトなんだそうだ。1000バイトでもいいらしいが難しいことをいうと2の10乗で1024。1000に近いから「キロ」としたとか。1024キロバイトが1メガ。
 コンピューターの世界は0か1しかない。その最小単位が1ビット。1バイトは8ビット。つまり0と1が8ケタ並んで、256通りのものを表せる。アルファベット(大文字小文字と主な記号)を表すなら8ビットで十分だが、漢字を表すには足りないので日本語は2バイト(16ビット)を使う。
 色は、本来段階があるものではないが、それをとりあえず2の8乗の256段階にする。光ならRGBの三原色がそれぞれ256段階あってその組み合わせで約1677万色を表現できる。デジタルカメラで単位とされている1画素が、1677万色のうちの1色を表しているということだ。この辺のことは知識と知っている。ま、こんなこと知らなくてもデザインはできるけどね。
[PR]
by hiroafukasawa | 2010-03-12 19:21 | 雑記帳 | Comments(0)