カテゴリ:iPhone( 3 )
iPhone 4
 iPhone 4が出た。まあ、なんだかすごいらしい。でも、Macユーザーはちょっと気をつけなければいけない。対応OSが10.5.8以上なのだ。10.5.8っていったら、去年会社で買ったこのMacじゃないか。
 ちなみに、Mac OSには猫型猛獣の名前がついている。
10.0 チーター
10.1 ピューマ
10.2 ジャガー
10.3 パンサー
10.4 タイガー
10.5 レパード
10.6 スノーレパード

 10.5.8がどれくらい最近のバージョンか分かるだろう。つまり、iPhone 4を買うなら、同時にOSのスノーレパードを買う覚悟をしなくちゃいけない。(タイガーとか、レパードとか入力した後に「買う」を入力したら「飼う」に変換された。飼うか!!)
[PR]
by hiroafukasawa | 2010-06-30 17:55 | iPhone | Comments(0)
MacでiPhoneの着信音(画像付き)2
つづき
変換して出来た曲のファイル(拡張子がついたやつ)を探す。「ユーザー」「ミュージック」「iTunes」などと階層を下りていって(下図)、
e0137995_1919212.gif

ファイルに辿り着いたら拡張子を「.4ma」を「.4mr」に変える。
e0137995_19222344.gif

 で、iTunesにもどって作った曲をライブラリの「着信音」フォルダに入れれば完成のはずだが、これが入らない。よくわからないが、やり方としては、元のファイル(拡張子を書き換えたヤツ)を、1つ2つ上の階層の「iTunes Music」の中に「Ringtones」というフォルダがあるので(なければつくる)、そこにコピー(optionを押しながらドラッグ)する。
e0137995_19245960.gif

コピーしたファイルをダブルクリックする。すると、iTunesの「着信音」に曲名が入り演奏が始まる。
e0137995_19255424.gif

コピーしないで移しただけだと、「Ringtones」のフォルダの中でダブルクリックしても元のフォルダ(「ミュージック」)の中で演奏が始まり、「着信音」には曲名が入らない。
 あとはiPhoneと「着信音」を同期させればよい。
 文章で見ると大変そうだが、慣れれば簡単。元の曲の演奏時間の指定を解除するのをお忘れなく。音楽を同期させたとき、iPhoneのiPodに短いままに入ってしまう。

どう? わかりやすくなった?
[PR]
by hiroafukasawa | 2009-06-09 19:28 | iPhone | Comments(0)
MacでiPhoneの着信音(画像付き)1
相変わらず、着信音で検索して訪れてくれる人が多いので、ちょっとがんばって画像を入れてみた。以下、内容は以前の記事と同じ。

 まずはCDの曲をiTunesに入れておく。
 iTunesの環境設定で「着信音」のチェックボックスにチェックすると、ライブラリに「着信音」のフォルダができる。
 iTunes上で曲を選び演奏、着信音にしたい部分のタイムをメモしておく。長さは30秒から40秒が目安らしい。
e0137995_12511731.gif

「ファイル」・・「情報を見る」・・で「オプション」のウインドウを表示(上図)。
e0137995_12595271.gif

曲の演奏時間を指定できるので、着信音にしたい部分の始まりと終わりの時間を指定(上図)。プレイして確認してみる。
e0137995_1312620.gif

良ければその曲を選択したまま「詳細」・・「選択項目をAACに変換」する(上図)。iTunesがその曲をコピー(変換)し始める。出来た曲の演奏時間を見ると指定した長さになっている(前後がなくなってる)(下図)。
e0137995_1332585.gif

元の曲は時間の指定のチェックボックスをはずして元に戻しておく。

とりあえず、前半はここまで。
[PR]
by hiroafukasawa | 2009-06-09 13:05 | iPhone | Comments(0)