竹原ピストル
 テレビを見ていたら、今注目のシンガーソングライターの竹原ピストルがスタジオライブをやっていた。その番組の中で竹原ピストルは「俺だけにしか歌えない歌を歌いたい」という趣旨のことを言っていた。また、「お客さんに『感動した』と言ってもらえるのはとても嬉しい。だけど結局、何のために歌っているかというと、自分が歌うのが好きだから」とも言っていた。私もテレビの前で、「そうそう、絵も一緒」とか思い頷いていた。
 音楽に関しては門外漢ではあるが、歌というのは、誰もがわかる言葉と文脈を、誰もが不快に思わないメロディーに乗せなければ、多くの人を感動させられないと思う。歌は、100人集めたライブならば100人に感動を届けることを目指すでしょう。でも、この「誰もが」というのは「チープ」と背中合わせなんだよね。その点、竹原ピストルはその声でずいぶん助けられていると思う。
 つまり、自分が歌うのが好きだからと言いつつも、言葉をメロディーに乗せている限り、宿命的に「誰もが」を意識しなければならない。
 絵も似たようなことが言えるけれど、歌に比べたら、ライブ感のない絵にそもそもそれほど人を感動させることができるのかっていう話もあって、極端かも知れないが例えば個展会場に100人の来客があったとして、その内の1人でも感動させることができれば成功かも、と思ったりもする。

 一方、新聞に、歌人の川野里子さんの講演の再録が載っていて、その中にこんな言葉があった。少し長いが引用すると「短歌には二つの方向性がある。一つは、私たちが生きる荒海のような時代の奥まで潜り、何が起こっているのかを最先端の感受性でしっかりと読み取ること。もう一つは、その荒海の底から浮上して、人間の根源的な存在の温かさや美しさ、深さと出合い直し、もう一度つかみ取ろうとすることだ。その二つが相互に働き合いながら、人間というものをさらに深い眼差しで見つめ、表現することだ」。
 難解かも知れないが、私はとても共感を覚えた。私なりに要約すると、「まず現代社会を現代人の感覚で捉えること。そしてそれを踏まえて普遍的なものへ昇華させること」というような意味だと思う。この方のがすごいのは、そもそも形から入っただけの普遍性など相手にしていないところ。

 絵もね、きれいな風景や美しいモデルさんをきれいに写生するとかは、普遍的な美のテーマかも知れないけれど、「誰もが」わかる絵である限りはチープで面白くないと感じてしまう。だからといって、何のバックボーンもなく抽象画に飛びついても、観る人に説得力を持って感動させることはできない。もちろん独りよがりの絵には何の感動も覚えない。
 一旦自分の中に潜り、底まで行って、そこで何かを見つけて、もう一度浮かび上がって画布に向かう。それを繰り返して、やっと1枚2枚、人に感動を与えられる絵ができるかどうか・・・。

 凡人の私は、自分の中に潜ってみても何も見つけられず、どこまで潜れば底なのかもわからずにいる。そもそも潜ったつもりでいるだけで、実は荒海の海面に近いところでただ一生懸命、手の届かない底を探しているのかもしれない。そうやって探し続けて、一生を終えるのかも知れない。



 

[PR]
by hiroafukasawa | 2017-05-20 16:25 | 雑記帳 | Comments(0)
<< 靴底 飽きてきた >>