なんかちがう
 先日、ある方の作品展を見て来ました。大作が並び、形も色も独特な解釈があり、画面が平面化され、バルールも合ってるし、とてもいい「仕事」をされていると思いました。ただ、何かが違うのです。画面から感じられる何かが。
 会場を出て、車を運転しながら考えたのですが、たぶん、バルールが奥に行っちゃってるんじゃないか、と。つまり、額があって絵の表面があって、絵の中の空間がある、その空間が少し多い気がするのです。
額と同じ面に絵画空間を揃えると強い絵になるのに、バルールが少し弱く合わせてあるので、奥に見えるのです。
 言葉で説明するのが非常に難しいのですが、例えていうと、額の中に足を入れると、画面との間に人が一人分ぐらい立っていられるほどの空間がある、というような。
 余計わかんないか…。
[PR]
by hiroafukasawa | 2015-10-06 15:24 | 雑記帳 | Comments(0)
<< あそび 130号 >>