右・左
 「日本が右傾化している」ってよく言われますね。「右傾化」「左傾化」って変な言葉ですね。「傾いて」いってさらに「化けて」ていくんですね。「右傾・左傾」だけでいいような気がしますが、どうなんでしょう。

 まあ、それはそれとして、現代では右・左で分けることにあまり意味がないようですね。極右、極左、原理主義になると、危なすぎて話にならないのでここでは除外するとして、右よりの人も左よりの人も、「戦争反対」「人権尊重」等は当然のこととしていますよね。
 なんとなく私の感覚では、日本では、右寄りの人は日本国の国益を重視していて、左寄りの人は世界の平和を訴えている感じ。戦後、長い間左寄りだったので、その反動で右に傾き過ぎていきそうなのが怖いと感じている人が多いでしょうね。左寄りの人の意見は、よく「お花畑」と揶揄されるように、現実に即していないと言われます。
 左派というのは革新派のことですよね。昔、支配者階級に対して庶民が現状を変えるべき、富を分け与えるべきといった考え方で社会主義。右派というのは保守派のことで、支配者階級が現状維持を訴えたもの。社会主義に対するのは資本主義。でも、明白な支配者がいなくなった一方で、社会主義国・ソ連が崩壊した。極端な言い方かも知れないけど、左翼は目的と理想を失ったんじゃないですかね。そして今、左翼は「平和」と「人権」を前面に出すしかなくなった。戦後ずっと左寄りだった日本では、左翼が「現状維持」を訴え、右翼が「現実に即した改革」を訴えるという逆転現象になってしまいましたね。それほど右翼・左翼の区分けは意味がなく、「今日本で左翼と呼べる活動をしているのは新聞社だけ」という人もいます。
 「イスラム国」とか覇権主義のアジアの大国とか、反日原理主義の国とか、個々の事例に対処しなくてはいけない現代で、「平和」と「人権」を守るのは当然のこととしながら、異なる意見を自由に発言し討論することは大切なことですね。現実論と理想論の戦いと言えるでしょうかね。
 今私が良かったなと思うのは、ネット社会になって情報をマスコミだけに頼らなくてよくなったことと、日本に生まれたこと、かな。
[PR]
by hiroafukasawa | 2015-01-22 11:47 | 雑記帳 | Comments(0)
<< ひらめき 佐伯祐三とパリ >>