画廊
e0137995_13165987.jpg
入居者募集中の元コンビニ


 先日の個展にご来場いただいた方で、教育畑で功績を挙げつつ、作家としても活躍している男性と、画廊でしばらく話をした。
 私が、「笛吹市にちょうどいい感じのギャラリーがない。前々から思っているんだが、つぶれたコンビニの建物を買い取ってギャラリーにしたら、ちょうどいいんじゃないか。駐車場があって、1階で、広さも適当で、作品が外から見えるウィンドウ、事務所もトイレもある」と言うと、「それいいね、君、やりなよ」と返ってきた。
 そりゃ、宝くじでも当たったらやってもいいけど、最近じゃ宝くじ買うお金もない。
 市でやってくれるといいんだけど、無理だろうな。
[PR]
by hiroafukasawa | 2014-12-03 13:27 | 雑記帳 | Comments(0)
<< ローテーション 個展終了いたしました >>