6のケース
 老眼鏡が必要になってから、冬になるとちょっと困ることがある。夏は、服の胸のポケットに入れておくのだが、冬場、セーターになるとポケットがないので、机の上などに適当に置いたりすると、いちいち取りに行ったり、挙げ句どこへ置いたかわからなくなって探し回ったりする。

 iPhone4sに変えて、まだそんなに経っていないのだが、カミさんにつられて6に変えてしまった(カミさんは6+)。一回り、というか二回りくらい大きくなった感覚(6+はさらにでかい。ゲーム機よりでかい)。なので、今まで使っていたベルトケース(ズボンのベルトに通せるiPhoneのケース)に納まらない。しかたなく、新しいケースを買うことにして、ネットで探す。
 すると、おもしろいものを見つけた。「携帯電話を2台入れられるケース(iPhone6対応)」だ。最近、ガラケーとスマホを2台持って使い分けている人も多いというし、ある程度の需要を見込んで作られた商品だと思う。私が思ったのは、携帯の代わりに老眼鏡を入れられるのではないか、ということ。うまく入れば、冬場、ポケットの代わりになる。というか、夏場もかがんだときに胸からメガネを落とすこともなくなる(タクシーに轢かれることもない)。ネットなので実物を試すわけにいかないが、「ままよ」と購入。
 結果は、△。すっぽりと気持ちよく入らないが、一応ふたが出来るくらいには納まる。まあ、限りなく○に近い△。1536円。いい買い物だったといえるだろう。
[PR]
by hiroafukasawa | 2014-11-13 16:25 | 雑記帳 | Comments(0)
<< 深沢弘昭個展 赤い雲の道 >>