Hさん
 笛吹市在住の美術作家でHさんという、かつて国画会の会友にまでなったのに、仕事の関係で出品をやめてしまった人がいる。最近、仕事も一段落して、作家活動を再開したようだが、もともとある程度以上の実力を持っている人だと思う。そのHさんが、きっと何か思うところがあったのだろう、「やまなし県民文化祭」の公募に応える形で出品していた。賞を取ってもおかしくない作品だと私は思ったが、短冊はついてなかった。
 実は、一度会ってちょっと話をしただけなんだが、同じ笛吹市在住で、県内の団体に所属していないという2点だけで、勝手に親近感を持っている。会場でお会いできたら、また少し話をさせてもらおうかな。
 一方で、招待作家にも新しい人が加わっている。「へえ〜、この人が」という思いもないわけではないが、おかげで私も招待作家であることに胸を張っていられるようになった(笑)。

 またちょっとやばい話になってきたので、このへんで。
[PR]
by hiroafukasawa | 2014-10-22 09:40 | 雑記帳 | Comments(0)
<< 黒い案内人 県民文化祭 >>