お習字
e0137995_1361599.jpg

紫花菜

芸術とは 目に見えるものを複製することではない 見えないものを見えるようにすることだ (パウル・クレー)

 学校で習うような「お習字」というものがある。お手本をよく見て、お手本通りにかければ上出来というヤツ。書の基本だ。だけど、書家の「書」というのは、習字とは全く違う。どういう字なのかわからないけど、なんかすごい、迫力がある、あるいは静けさがある。その書家だけが作り得る世界がある。
 「お習字」=「写生」、「書」=「近代絵画」と置き換えると分かりやすいかな。
 この「近代絵画」をもっと短い簡潔な言葉にしたいんだけど、思いつかない。
[PR]
by hiroafukasawa | 2014-04-08 13:17 | 雑記帳 | Comments(0)
<< さかさまにして チリの津波 >>