黒いクロッキー
e0137995_11125771.jpg


 クロッキーは学生時代に、数人でアトリエに集まって、順にモデルをやって描き合うという形でずいぶんやったけど、卒業してからはそういう仲間がいないのでほとんどやらなかった。たまに、裸婦のモデル会があると聞いて出かけるぐらいだった。
 地元の某私大の美術部で講師をやってほしいと頼まれて、学生の要望でクロッキーを教えているが、これは「習うより慣れろ」みたいなところがあって、教えるのが意外に難しい。自分で描いて見せるのも一つの教え方だと思って、たまに学生と一緒に描いてみる。
 一方で、地元の公民館(ふれあいセンター)で、地元の愛好家たちがクロッキー会をやっているという話を最近聞き、なるべく参加することにしている。昨日もその会で、上の作品はその時描いたもの。
 もちろん自分の技術を向上させるためにやるんだが、この会で描いた絵を美術部の学生に見せれば一石二鳥だ、という思いもある。なので、ちょっとおしゃれ?に黒い紙に描いてみた。まあ、クロッキーなんて作品として展示することなんて今後もないと思うのだが、こんな風に描くと作品っぽく見えるんじゃないかな。
 ちなみに、このモデルさんは水色のモフモフのセーターに黒いスリムなパンツだった。白と肌色はあったが、水色の色鉛筆は用意してなかった。
[PR]
by hiroafukasawa | 2014-03-19 11:33 | 雑記帳 | Comments(0)
<< 近代絵画 公共工事 >>