搬入でイラッ
 地元の文化祭というのがあって、毎年出品をお願いされている。今朝が搬入だが、10時にならないと会場が開かないので、隣の「総合会館」の窓口に預けることになっている。まあ、これは毎年のことなので、どうということはないし、持っていけば市の職員さんが「ハイハイ」と受け取ってくれるはずだ。
 だが、今朝、総合会館の窓口に行って作品を差し出すと、若い職員が出てきて、困ったような口調で「展示は向こうのふれあい館なので・・・」とかなんとかゴニョゴニョ言い出し、受け取りたくない様子。
 自分はそんなこと知らないし、下手なことをしてあとで問題になったら困る、という顔つきなので、「また役人の事なかれ主義が始まったか」と思い、職員があれこれ言い出す前に「○○さんに頼まれて持ってきた。会場が向こうの建物なのは知っているが、10時にならなければ開かない。それでは会社に遅刻する」と矢継ぎ早に繰り出し、(だから四の五の言わずに受け取れ)と作品を突き出してやった。
 事情はわかったようで作品を受け取ってくれたが、どうしていちいち責任から逃れようとするのか。たかだか町の文化祭だ。そんな大事になるはずはないのだから、自分で判断して、それでトラブったら自分で解決すればいい。普通の会社では当たり前のことだ。その当たり前のことをやろうとしないことにイラッとする。
[PR]
by hiroafukasawa | 2013-11-08 10:17 | 雑記帳 | Comments(0)
<< 500円玉平成26年版 搬入 >>