庭仕事
e0137995_186379.jpg

iPhoneで撮影

 子供も小学3年生になり、だいぶ手がかからなくなってきたので、庭いじりを再開した。
 家を建てたのがもう17、8年前。庭には憧れのイングリッシュガーデンを、と夫婦で花いっぱいの庭を作り始めた。その後、「ガーデニング」という言葉が世の中に蔓延し始めた頃、子供が生まれて庭仕事ではなくなった。庭の手入れをするよりも、赤ちゃんを見ていた方が癒される。そんなこんなで庭には雑草が生い茂り、南側の畑の際に植えられた木が大きくなって日陰になりドクダミがはびこった。
 大きくなった木を切ってもらい日当りが戻ったので、去年の秋くらいから土を掘り返し、フルイで小石を除き、ふかふかの花壇を作り始めた。最初はふかふかの土が面白くて、子供も手伝ってくれた。
 だけど、狭い庭とはいえ一気にやるのは大変なので、5カ年計画で整備することにした。とりあえず、目立つところからきれいにしていって、今年は2年目の秋ということになる。夏、暑すぎて花も雑草も伸び悩んでいたが、いくつか台風がすぎて急に元気になってきた。しかし、秋蒔きの種を買ってきて蒔いたのだが、なんだか未だに暑いせいか、半分以上が芽が出ない。一方で春に芽が出るはずの花がこぼれ種から芽を出して苗になっていたり、ルピナスが狂い咲きしたり・・・。なんだかおかしな陽気だ。もう少し涼しくなってくれないと、庭仕事も大変だ。
[PR]
by hiroafukasawa | 2013-10-11 18:31 | 雑記帳 | Comments(0)
<< 写生以上 くじけた挑戦 >>