市民ギャラリー
e0137995_1535569.jpg

iPhoneで撮影。
「こうふのまちの芸術祭'13」朝賀よるさんの展示(川上ビル4階)。
「こうふのまちの芸術祭'13」は10月14日まで、甲府市中心街を中心に各所で開催。

 私の地元の笛吹市では、市の文化祭というのを毎年やっている。旧町村ごとに建てた体育館を持ち回りで会場とし、11月の土・日の2日間、様々な文化的ジャンルを一堂に展示する。
 そのやり方が好きになれない。体育館は鑑賞するには落ち着かない。期間が短すぎる。盆栽やパッチワークと一緒に油絵を展示することに抵抗がある。各ジャンルを一堂に集めても、ジャンルを越えた交流が生まれているとは思えない。
 前市長のときに「多目的アリーナ」建設計画が浮上し、現市長の当選で凍結された。その代わりに、というわけではないが、「笛吹市民ギャラリー」を作って欲しい。山梨県立美術館の県民ギャラリーみたいなもので、あんなに広くなくてもいい。展示だけを目的とした施設で、市民文化祭の各ジャンルを別々に展示したい。少なくとも1週間ずつ、ゆっくり見られるようにしてほしい。できれば、大きい展示室と個展にちょうどいいくらいの小さい展示室があるといい。文化祭だけではなく、グループ展や個展もできるので、年間でも結構利用頻度があると思う。
[PR]
by hiroafukasawa | 2013-09-26 15:54 | 雑記帳 | Comments(0)
<< アンプを買った 描きかけだけど >>