某セレモニーホールで
 先日、お腹の調子が悪い日に某セレモニーホールへ行った。告別式が始まるまで時間があったので、一応トイレに行っておこうと思った。用が済んでウォシュレットを使ったら、なんと水が止まらない!! 何度ボタンを押しても止まらない。構わず立ち上がればそこら中水浸しになるし、礼服だって濡れてしまう。助けを呼ぶにもかっこわるすぎる。濡れたケツのまま手で水流を防いで立ち上がりズボンをはくか、それとも電源を探して何とかしてプラグを抜くか、最悪ぶっ壊すか・・・。パニック状態の中、とりあえず流そうと思って「流す」のボタンを押した。すると、便器からほとばしる水も止まってくれた・・・。
 半世紀も生きてきて、大抵のことには動じなくなってきたけど、あんなに焦ったのは、ホントに久しぶりだった。
[PR]
by hiroafukasawa | 2013-09-20 13:02 | 雑記帳 | Comments(3)
Commented by はる at 2013-09-20 14:49 x
 おもしろい!最高!!
Commented by nakanoya at 2013-09-22 14:50 x
面白すぎるので、一度見たのに「水はどうしたんだっけ?」・・・なんて思い返し又見てしまいました。止まって良かった(笑)
最近トイレが便利すぎる、入ると自動で蓋が開いたり、流そうと思うと勝手に流れたり・・・・音が鳴り出したり。
Commented by hiroafukasawa at 2013-09-23 13:20
まあ、他人からすれば笑い事ですが、本人は必死でした。必死といってもボタンを押しただけですけど。たぶんあのトイレ、使う人がいなくて壊れたままなんだと思います。
<< 小林宏展 福島の復興を >>