落款
e0137995_10392067.jpg

 大作は別として、小品にはその絵のタイトルと制作年と通し番号をつけて管理したいと思っていて、制作ノートに書き付けてきたんだけど、直接絵に記さないと意味がなくて、調べてみたら「共シール」というのがあることを知った。もともと日本画の額の裏に張って真作を証明するものらしい(なんで絵の裏じゃなくて額の裏なのかわからないけど)。
 小さな紙片に通し番号と題名と大きさと制作年を書いて署名を入れる。そうするとなんとなく落款が欲しくなる。なので落款のセットを買って来て自作してみた。一度失敗して(裏文字にしなかった)、紙ヤスリで削って彫り直したら四隅が丸まってしまった。下手だけど、まあ、これはこれで気に入っている。
 で、この共シールを直接キャンバスの裏面に、四隅にちょっとだけボンドをつけて貼ることにした。だって、絵に直接貼らなければ意味がないじゃん、と思ったから。
[PR]
by hiroafukasawa | 2013-09-06 10:49 | 雑記帳 | Comments(0)
<< オリンピック 解説 >>