5年ぶりの東京
e0137995_11284215.jpg

iPhoneで撮影

 13日午前8時、私は中央自動車道の八代バス停に立っていました。高速バスは5分ほど遅れて到着、乗り込もうとした私に運転手が「首都高の集中工事で2時間ぐらい到着が遅れると思いますが、大丈夫ですか」と聞いてきました。「私は大丈夫です」と言って乗り込みました。
 集中工事があることはテレビCMで知っていましたし、2時間ぐらいの余裕はありました。その日は国展の作品撤去作業で、1時集合に間に合えばよかったのです。9時40分新宿着が12時になっても、昼ご飯をコンビニで買ってどっかのベンチとかで食べても十分間に合うはずでした。
 ところが、11時40分になっても12時を過ぎても着く気配がありません。新宿バスターミナルに着いたのは1時過ぎ、新国立美術館に着いたのは1時30分過ぎ。完全に遅刻です。ところがそれは私が通知をよく読んでなかったための勘違いでした。集合時間は1時45分で、1時には美術館に来ておけという指示だったのでした。結局、集合には間に合ったのですが、展覧会場を見ることもなく、自分の作品がどこに飾られていたかも確認できず、撤去作業に入ったのでした。
 私たち会友は、撤去作業のうちのできるところまでをとりあえず全て終えた段階で、帰っていいですよ、ということになりました。ですが、当然高速バスで帰る気にはなりません。新宿駅に着くと、4時20分。4時30分の「かいじ」に乗ることができ、自由席も空いていて、ホッと一息つくことができました。車内販売が来たので、子供たちへのお土産と昼飯代わりのサンドイッチとビールを買っていただきました(上の写真)。座席は広いし乗り心地はいいし「特急かいじ、最高!!」と思いました。
 だけど特急は料金が高い。高速バス1,800円のところが3,515円。ほぼ倍。それでもこの日だけは、倍の価値があった気がします。高速バス5時間、かいじ1時間半。軍配は明らかです。

 しかし、八代町から石和温泉駅まで行くのが問題。中央道八代バス停なら、自転車で10分で行ける。なので、次回の朝もたぶん、私は八代のバス停に立っていると思います。工事さえなければ。
[PR]
by hiroafukasawa | 2013-05-14 11:28 | 雑記帳 | Comments(0)
<< 丹澤和仁展 美術のプラクシス展 >>