喪主
 4日早朝に父が亡くなり、通夜、告別式、その他もろもろ、慌ただしい一週間でした。家では初めてのお弔い。もちろん喪主をやったのも初めてでした。父は3年も病んでいて、昨年暮れからいよいよくたびれてきたので、そろそろかと覚悟はしていました。
 火葬場のスケジュールが一杯で通夜まで中2日あったので、肉体的にも精神的にもそれほどきつくはありませんでした。雨や雪の日も避けられました。
 今は、四十九日の準備を少しずつ始めています。

 まあ、喪主なんて、人生の中でそう何度もやるもんじゃないな、というのが率直な感想です。

 いろいろな段取りとか、流れとか、しきたりとか、覚えたところで自分の時には何の役にも立ちませんからね。
[PR]
by hiroafukasawa | 2013-02-14 13:00 | 雑記帳 | Comments(1)
Commented at 2013-02-14 22:12 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
<< また忙しく… 花束 >>