政権交代
 3年前の選挙で、民主党が圧勝して、長く政権を維持してきた自民党に取って代わった時は、日本にも政権交代可能な二大政党の時代が訪れたと感動したものですが、今回はなんの感動もないですね。むしろ、ガッカリというか、暗い気持ちになります。なんか、民意とは違う結果になっているような気がしてしょうがありません。
 誰が消費増税に賛成し、誰が原発に賛成し、誰がTPPに賛成し、誰が子どもや孫を軍隊にやることに賛成しているんでしょうか。そんな人は私の周りにはいないのに、この結果です。小選挙区制がいけないのか、投票しなかった人が40%もいるというのがいけないのか・・・。
 前の長い自民党の時代に、政治を官僚にお任せしておいたため、官僚天国が築かれてしまった。消費増税も原発もTPPも官僚主導の政治をたださないとどうにもならないんです。民主党はそれを急いだため猛反発を喰らって失速しましたね。時間をかけて官僚天国を作った自民党に、時間をかけて官僚の手から政治を奪い返してもらいましょうか。「選挙屋」から本来の「政治家」に戻ってもらいましょう。さもないと、次は参院選がありますが、また同じことの繰り返し。正直、代議士さん達のオセロゲームに付き合っていられるほど、私には余裕はありません。
[PR]
by hiroafukasawa | 2012-12-17 14:58 | 雑記帳 | Comments(0)
<< 情報信者 メモ >>